南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 7月1日(土)

フィジーは、今が「乾季」の真ん中で晴天が続き、早朝は、20℃(我が家の居間の寒暖計)まで下がっています。
晴天下では、30℃近くまで上昇しますが・・・


今朝の8時頃の南方向の青空です。


今年の4月頃に芽生えた、「アボカド」の苗も大きくなりました。実はこれ、すべて売約済で、先月半ばには、注文主の庭に移植したかったのですが、予約された方が、ムスリムで「ラマダーン(断食月)」だったので少し伸びてます。



今日は丁度土曜日だったので、「ナンディ・タウン公設市場」に行ってみました。



歩道まで、海産物のお店が並んでいます。


今日は、海産物コーナーは、意外と出店者が少なかったです。


すでに「茹でた蛸」ですが、意外とお値段は高いです。1皿 40FJD(約2400円)ですが、手前は、大きさが違うのに、同じ値段でした(笑)


「マングローブ蟹」です。右は手のひらより大き目で、2匹で、150FJD(約9000円)です。左は、すこし小さくて、3匹で、130FJD(約7800円)です。


まだ生きてる巻貝で、1皿 5FJD(約300円)です。ココナッツ・ミルクで煮て食べます。


一番人気の、「プロン(車海老)」です。開店と同時に、ほぼ売り切れ状態となります。すでに午前8時半頃だったので、これは売れ残りです(笑)
「1皿 10FJD(約600円)にしとくよ」と言われました。
主に金持ちのインド系住民と中国人たちがまとめ買いをしていきます。


「海ブドウ」です。1皿 3FJD(約180円)です。
左のコンテナには、ココナッツミルクで和えた「海ブドウ」が詰められていました。
1箱 5FJD(約300円)です。


茹でたキャッサバの上に、レタスを敷いて、魚のフライが2切れときゅうりの輪切りなどが乗った、お弁当です。1箱 5FJD(約300円)で、私も、昼用に1箱、買いました。青魚のフライで、美味しかったです!


「お魚弁当」は、このフィジアンのご婦人の手作りです。


野菜と果物売り場の中へ・・・


「サワーソップ」が旬みたいで、1個 1FJD(約60円)です。


こちらも「サワーソップ」が沢山並べられていました。同じく、1個 1FJDです。


先週ぐらいからマーケットに出てきた、「カリフラワー」で、この大きさで、1個 7FJD(約420円)です。


「トマト」も沢山出てきました。1皿 5FJD(約300円)、右の小さな盛りは、2FJD(約120円)です。


「キャベツ」も旬に近づき、このオオキナ玉で、4~5FJDです。


「ショウガ」は一年中出てますが、今日も山盛りです。右の小さな盛りが、1FJD(約60円)です。




次に続きます・・・















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。