南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「ディワリ・2017」2

10月19日(木)は、フィジーでは、「ディワリ」の祝日でした。


私の嫁さんの親戚のお宅に、以前より招待されてましたので、夕方に訪問しました。


場所は、ナンディからラウトカに向かって国道を北上したブンダ(Vuda)地区で、ブンダ・ポイントの手前の小高い丘の上のお宅でした。眼下に、ナンディ湾が見下ろせます。


ナンディ方向の丘の中腹にある、フィジーの電力会社、「FEA」 「ブンダ・パワー・ステーション」(ディーゼルエンジンの発電所)が、すぐ下に見えてました。


丁度、夕日が、親戚のお家の向こう側、ナンディ湾方向に傾いてました。


暗くなると、こんな感じで電飾が飾られてました。


午後7時頃から、ヒンドゥー教式の祭壇の前で、「ディワリ」の礼拝が始まりました。



長い礼拝の後、お供え物が、参列者にも分け与えられました。


このお宅の、ヒンドゥー教式の祭壇です。


インディアン・スイーツが、参列者に振舞われました。


その後、同じ敷地内に隣接して建つ、弟さんのお宅にご挨拶に・・・
ご家族の集合写真を、1枚撮りました。


こちらが、弟さんのお宅の、祭壇です。家庭ごとに色々な飾り方があるみたいです。


礼拝の時に灯された、ココナッツ・オイルのランプが、庭の祭壇場に置かれてました。



もとのお宅に戻ると、テーブルの上に、インディアン・スイートと果物などが供されてました。
ジュースを飲みながら、少しづつ食しました。


すっかり暗くなった庭で、恒例の花火大会が始まりました。



次から次に、このお宅のご親戚や友人家族が集まって来られました。



深夜まで、各種の花火が披露され、子供たちもインディアン・スイートを食べながら、大騒ぎで走り回ってました。


ここから眺めた、ナンディ地区も、あちこちで打ち上げ花火が上げられてました。


結局、午前12時を過ぎたころに、ベジタリアン・カリーを頂きました。この期間中は、肉類は食べられない決まりで、ベジタリアン・メニューばかりだそうです。


フィジーに住んでると、キリスト教のお祭りやお祝い、ヒンドゥー教のお祭り、イスラム教のお祭りなどと、多民族国家ならではの多国的な「お祭り」が、年間を通じて楽しめます。





















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「ディワリ・2017」

2017年の、ヒンドゥー教徒の最大の祭典、「ディワリ(Diwali)」の祝日は、10月19日(木)でした。


ディワリの期間中は、買い物をすると縁起が良いとされ、特に耐久消費財の売り上げが伸びると言われてます。
フィジーでも、年々期間中のセールス販売などが盛んになって来てます。


ナンディ・タウンの大型免税店「プラウズ」ハッピー・ディワリのポスターです。



「プラウズ」の入り口の左右に置かれた、「ディワリ」の飾り物です。


高級なサリーで決めた、「プラウズ」の1階の店員さんたちです。


お土産店「ジャックス」の、サリー専門コーナー「リトル・インディア」に展示されてる「ディワリ」のポスターです。


「リトル・インディア」のショーウインドーのディスプレイです。


「リトル・インディア」のサリーを着た店員さんたちです。


お土産屋「ジャックス」の店員さんたちです。






各お店の、飾り付けです。この飾り付けは、長粒米に色を付け、手でデザインしていったものです。デザインには色々と意味があると思いますが、私には分かりません。





「ディワリ」に合わせて、多くのお店がセール販売中です。


買い物のお客さんもインド系の方は、ほとんどがサリーでお洒落をしてます。


スーパーマーケットの特設コーナーに、山と積まれた色々な種類の「花火」です。ただし、フィジーでは、10年以上前から「爆竹」の販売と使用が禁止されてます。


この日は、「ディワリ」の祝日の前の日だったので、ナンディ・タウンは、どこも多くの買い物客で賑わってました。




次に続きます・・・





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「今が旬のマンゴー・フルーツ」

フィジー産マンゴーも、いよいよ旬の季節になりました。


今年は、豊作の年に当たり、9月頃からぼつぼつ売られてましたが・・・


こちらで、「パロット・マンゴー」(オウムの嘴に似ているから付けられた名前だそうです。)と言われる種類ですが、ネット検索でも、「パロット・マンゴー」として出てくるので正式な名前ですね。、主にフィジーやタイで栽培されてるとのことです。
上の写真の、完熟パロット・マンゴー」は、1個  2FJD(約120円)です。


この「パロット・マンゴー」も、1個  2FJDです。


こちらは少し小ぶりの「パロット・マンゴー」で、1個  1FJD(約60円)です。





まだ緑色のマンゴーですが、中は黄色で十分に熟れてます。地元の方は、この形のマンゴーを、「アップル・マンゴー」と呼んでますが、熟れても赤くならないので、「キーツ種」のマンゴーではないかと思います。



上の2枚の写真のマンゴーは、形はヒヨコみたいで小型ですが、完熟したものは、本当に甘いです。正式名称は、分かりません。



緑のマンゴーを、三等分にして種を抜いて売られてますが、これは「マンゴー・チャツネ」を作るための物です。


「マンゴー」(学名:Mangifera indica)は、ウルシ科マンゴー属の常緑高木です。インドでは、4000年以上前から栽培が始まっており、仏教では、聖なる樹とされ、ヒンドゥー教では、マンゴーは万物を支配する神、「プラジャーパティ」の化身とされてます。
原産地は、インドからインドシナ半島周辺と推定されてます。


マンゴーは、500種類ほどあるそうです。


1個  2FJD(約120円)で買ってきた、「パロット・マンゴー」です。
二日間ほど室温で寝かせて食しました。他のマンゴーも美味しいのですが、これはさらに美味しく、上品な甘さです。


マンゴーは、栄養学的にも、体に対する効能にも大変優れた果物です。


今期は、豊作なので安くて美味しい、「マンゴー」を十分に楽しみたいと思ってます。



*マンゴーはウルシ科の植物なので、ウルシにかぶれやすい方はご注意を・・・







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村