南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

「モミ要塞」(Momi Gun site)

第二次世界大戦時、敵の侵略に備えて配置された数々の大砲。約20kmに渡って配備されていましたが、結局戦闘に使われることはありませんでした。
今は、フィジーのナショナル・トラスト(National Trust of Fiji Islands)の管理下にあり、静かにモミ湾の美しい景観を見守ってます。


この大砲は、「キングス・ガン」(King's Gun)と表示されてます。


こちらは、「クイーンズ・ガン」(Queen's Gun)と表示されてます。



この二つの砲は、6インチ砲で、長さは、7m、重さは、7.5トン、45kgの砲弾を使用し、射程は14km以上だったそうです。


二つの砲の後ろに位置する、指揮所です。



砲座からの、モミ湾の素晴らしい眺望です。


すぐ側の、気象観測システムです。


管理棟の受付です。入場料、大人1名、5FJD(約300円)です。
彼が、「日没が素晴らしい眺めになるよ。」と言ってました。




当時は、フィジー人の兵隊は、オーストラリア軍やニュージーランド軍の一員として参加してたそうです。




当時を偲ばせる、白黒の写真が沢山展示されてます。


第二次世界大戦時の旧日本軍の占領地の地図が展示されてました。旧日本軍の南下は、ソロモン諸島で途絶えてます。




私の感想は、実際に戦闘がなくて幸いだったと思います。この程度の防塁だったら、旧日本海軍の戦艦の艦砲射撃を受けたら、跡形もなくなっていたと推測されました。


何といっても、小高い丘の上に位置するため、村や山、サトウキビ畑、モミ湾の素晴らしい景色が一望できます。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。