南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「トロピカル・サイクロンの連続来襲」

「トロピカル・サイクロン」(Tropical Cyclone)とは、熱帯(性)低気圧、つまり一般には熱帯地方に発生する種類の低気圧を指す用語です。なおこの「熱帯」とは、発生する場所を指す用語ではなく、サイクロンの構造を指す用語です。つまり実際には、それがどこで発生しようが、熱帯性低気圧の構造をもつものはすべてトロピカル・サイクロンです。また一つ一つに名前が命名されるという点も、トロピカル・サイクロンに特有の慣習です。天気図などでは、トロピカル・サイクロンは、「TC 」と略記されてます。


フィジーでは、今年の2月に、TC GITA(トロピカル・サイクロン ギター)が、南の海上を通過しました。
このサイクロンは、フィジーの北の海上を東に移動しつつ発達し、サモアに接近し、その後時計回りに南下し、トンガを襲い多くの被害を与えてフィジーの南海上を通り過ぎました。
その後も低気圧で天候はぐずつき、3月になってやっと青空が回復しました。


3月の暑さは、1月、2月を上回るものがあり、毎日暑い日が続いていました。


ソロモン諸島付近に発生した、低気圧が急速に発達し、季節外れの、TC JOSIE(ジョシ―)カテゴリー1」と成長しました。その後、フィジーの手前で南に下がり、フィジーに接近し南東に通過しましたが、3月31日午後から4月1日の早朝に渡りフィジーの西部地域は、サイクロンに伴う大雨が長時間続きました。
それで、1日の昼過ぎから各地で洪水被害を発生させました、丁度満月(31日)と重なり、1日の上げ潮になった昼頃から川の濁流が土手を各地で越えました。


4月1日の早朝、やっと雨が小康状態になった頃の、我が家の近くの道路浸水状態です。


国道側の家の大きな木が、サイクロンの強風で倒壊です。



上げ潮になった昼過ぎ頃から、川から溢れた泥水が徐々に押し寄せてきました。


この頃は、なんとか4駆の車は通過していきました。


午後2時過ぎになると、4駆車も立ち往生です。右上のお宅は、1階部分が床上浸水を始めたので、家具などを2階のベランダに担ぎ上げてます。


午後3時近くになり、道路の冠水は、腰の上まで増えました。


我が家側の浸水の状況です。家の床のレベルは、この位置よりさらに1m以上余裕はあります。


道路向こう側の家々は、住宅の敷地レベルが低いので、この状態で床上1m以上だったそうです。午後3時過ぎの状態です。


我が家の2階のベランダから眺めた洪水の様子です。すぐお隣は、今は無人ですが敷地が低いので、庭と1階の床上に浸水が発生してます。


当然この頃は、ナンディ・タウンは、全域で洪水(道路上で、1.5m位だったそうです。)フィジーの西部地区各地で洪水被害で、特にバ町(ナンディの北方、約60kmの位置です。)が被害が甚大だったそうです。住民の死亡被害も発生してました。


フィジー気象局が発表した、TC JOSIE の進路予想図です。


サイクロンの接近に伴い、たびたび短時間の停電が発生してましたが。洪水後は1日から2日にかけて、長時間の停電でした。


ところが、次の低気圧が発達し、4月8日頃から再び強い雨が降り始めて、低気圧が、TC KENI (当初、カテゴリー1から最終的に3まで)に成長しました。
TC KENIは、JOSIEとほぼ同じコースを進み、9日から10日にかけて、再接近との予報で、フィジー政府は「緊急警戒警報(洪水・強風・大雨など)」を発令し、9日午後からナンディ・タウンの閉鎖及び関係者以外の立ち入り禁止。10日は、「ナンディ国際空港」の終日閉鎖も発表されました。先週に引き続き、公立学校も閉鎖、公共交通機関も停止しました。


この影響を受けて、9日から開催が予定されていた、「Fijian Tourism EXPO 2018」が中止になりました。すでにフィジーに入国していた、海外の旅行業者も沢山いたそうですが・・・1年に一度の、観光立国フィジーの最大の観光イベントでした。


9日午後から10日にかけて、強風と大雨が続きましたが、我が家付近は洪水は発生しませんでした。
この時、本島の北部のラキラキ町が洪水被害、サイクロン進路に近かった、カンダブ諸島が先のTC JOSIEの被害が片付かないうちに再び、サイクロンの来襲でさらに被害が拡大したそうです。


TC の「カテゴリー1」は、最大風速:64~82ノット(約32~42m/s)
TC の「カテゴリー2」は、最大風速:83~95ノット(約42~48m/s)
TC の「カテゴリー3」は、最大風速:96~113ノット(約48~57m/s)
TC の「カテゴリー4」は、最大風速:114~135ノット(約57~68m/s)
TC の「カテゴリー5」は、最大風速:135ノット以上 (約68m/s以上)


今年の季節外れの4月のトロピカル・サイクロンは、規模的には小型から中型で助かりました。


11日からは、青空も戻りました。


今回の連続して来襲したサイクロンで被害を被った地域、人々の速やかなる復旧を祈っております。


















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。