南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「マーチンタールで、飲茶!」

ナンディ町には、元々中華料理屋はいくつもあり、この数年中国人たちが大挙してやってきて高級中華料理屋を何軒も開店させました。


でも、ありそうで無かったのが、「飲茶」レストランです。


数年前、マーチンタールの商業ビル「RBコンプレックス」に開店した中華料理屋「海洋海鮮酒家」Ocean Seafood Restarant が、2015年に、同じくマーチンタールの日本食料理店「大黒」の並びに、支店(上の写真)を開店させました。
お店は、玄関を入ってすぐ右の階段を上がった、2階のフロアです。


その「海洋海鮮酒家」の支店で、先月16日から、「飲茶」が始まりました。


階段を上がった正面の、受付カウンターです。



店内は、清潔でかなり広いフロアにテーブルが配置されてます。


真新しい「飲茶」のセットです。


Fried Dumpling (Pork)「煎餃」 1皿、4.50FJD(約270円)です。


Steamed Dumpling (Chicken)「粉果仔」 1皿、4.50FJDです。


Steamed Beef Balls 「蒸牛肉丸」 1皿、4.50FJDです。


Radish Pork Balls 「夢ト肉丸」 1皿、4.50FJDです。


Fried Rice with Beef 「牛肉炒飯」 1皿、16FJD(約960円)です。


どのメニューも美味しかったです!


「飲茶」のメニューです。




「飲茶」の注文表です。



実は、この店舗は、10年以上前に、シンガポール料理店「88」と言うお店で開店し、日曜日の午前中のみ「飲茶」をやってました。


しかし、「飲茶」の時だけ繁盛して、夜はがらがらで2年位で閉店しました。その後、地元の中国人(フィジー生まれの)が、普通の中華料理屋を開店しましたが、これも鳴かず飛ばずで閉店・・・


RBコンプレックスで流行りだした「海洋海鮮酒家」が、2年前に支店として開店させたのですが、お昼にお客が来ないとのことから、今回「飲茶」を始めたそうです。


しかも、毎日、午前8時から午後2時まで・・・


私としては、ちゃんとしたメニューで「飲茶」が何時でも楽しめるのは歓迎です。





















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。