南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「大晦日」2

パイナップルは、今季は12月半ばに旬を迎えて、今も沢山出てきます。
男の子が、右端に6個づつ山を作ってます。1山 5FJD(約300円)です。


美味しそうな、完熟のパパイア。


バナナも以前の状態に戻りました。でも、まだちょっと高めです。
誰もいなかったので、値段は聞けませんでした。多分1房 10FJD(約600円)位でしょうね。



フィジーの主な主食の、タロイモ、大きなもので、1束 25FJD(約1500円)です。種類によって、呼び名が違うみたいですね。


これは事前に茎などカットされたタロイモです。右の1山が、15FJD(約900円)、左の小さな山が、5FJD(約600円)です。
フィジアンは、本当にこのタロイモやキャッサバが大好きで何時も、もりもりと食べてます。
多分フィジアンの素晴らしい体格は、このイモ類のおかげだと私は感じてます(笑)


ほぼ年間を通じて、この値段で売られている野菜の優等生のオクラです。去年2月のサイクロン被害で葉物が全滅した後も普通に出荷されて、私たちは大変助かりました。


同じく一年中出荷されてる、ショウガです。1皿 1FJD(約60円)です。
値段も変わりません。


ウォーター・クリスと呼ばれている野草のような野菜です。雨季に時期だけに出荷されます。スープなどに入れたり軽く塩ゆでして食べたりします。大変美味しく食べれます。
1束 1.50FJD(約90円)です。


日本の金柑みたいな小さなミカンです。こちらではモリ(Moli)と呼ばれています。レモンほど酸っぱくなく、レモン代わりに使用したり、果汁でレモネードなどを作ります。1皿 2FJD(約120円)です。


2FJD分のモリです。我が家では、約半分の果汁で、1.5L分の、レモネードを作ります。甘みにブラウンシュガーと蜂蜜を使用します。
暑さ対策の自然健康飲料です(笑)



「ニューイヤー・カウントダウン」は、「ポート・デナラウ」で多くの観光客と地元の人たちとお祝いしました。


ポリネシアンダンスを観賞するお客さんたち。


噴水広場で、DJの音楽に合わせて踊りまくる、観光客と地元の方々。


観光客で満席状態の、「ハードロックカフェ」です。




2016年は、色々とありましたが、2017年は、皆様方と私たちにとって良い年になるように頑張っていきたいと思います。


今年も、私のブログ「南国フィジーで、のんびり退職生活」をよろしくお願いいたします!



南国フィジーから、2017年、明けましておめでとうございます!













にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。