南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「大晦日」

12月31日(土曜日)、いよいよ今年も今日を残すのみです・・・


取り敢えず早起きをして、ナンディ・タウンの公設市場に買い物に出かけました。



午前6時半頃、市場に到着しましたが、すでに沢山のお客さんで混雑してました。


今朝の目当ての、天然ものの「車海老」を探して、シーフードコーナーへ・・・
時すでに遅くて、ほとんど売り切れになってました、今日はインド系の方々が、お正月用のご馳走「エビ・カリー」の為にまとめ買いをされた後でした(笑)


結局、最後の2皿を購入しました。1皿、10FJDで、20FJD(約1200円)です。


小エビは、まだ沢山売られてましたが・・・こちらも1皿、10FJD(約600円)です。


手作りのヤシの葉の籠に入れられた、「マングローブ蟹」です。左の並びが、1籠、150FJD(約9000円)で、すこし大き目の右側の籠が、170FJD(約10200円)です。


黒ナマコ、1山、10FJD(約600円)です。



カニ類は、まだ全て生きてます。


その他色々なシーフードが売られてます。


フィジー語で、「ビビリ」(Vivili)と呼ばれる海岸の小さな巻貝です。すでに海水で茹でられて売られてます。このままでも食べられます。
1山、5FJD(約300円)です。採集する苦労を考えたら、大変安いのではと思いました。


自宅で、水で何度か洗い流して、ココナッツ・ミルクでもう一度煮込みます。


ココナッツの味でさらに美味しくなった、「ビビリ」です。
地元の衛生観念が低いので、用心のため殺菌もかねて、炊き込みました(笑)


私の嫁さんの大好物で、すぐに食べてしまいました(笑)



次に続きます・・・









にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。