南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

ポート・デナラウ 8月の「カーニバル」2

二階の通路から、FMラジオ局の「MIX FM」がテーブルに臨時局を設置して、お店の案内やBGMなどを流していました。
彼は地元の有名なパーソナリティーです。ブラ・フェスティバルなどでも司会を務めています。少しはダイエットしたらと言いたくなるような立派なお体です(笑) 多分、トンガかサモアの血統でしょうね!


2階の通路から眺めた、会場の様子です。


カメラの前に突然現れた、お茶目なオジサン! 彼はオーストラリア人で初めてフィジーに来たけど、「フィジーは最高!」とハシャイデいました。
現在、オーストラリアからの観光客の割合は、50%を超えるほどに増加してます。シドーニー、メルボルン、ゴールドコースト、ブリスベンなどからの便が毎日飛んできます。
ナンディから、格安航空の「ジェット・スター」だと、片道400FJD(約22000円)位で、ゴールドコーストに行けます。


多分、常連の中華料理の屋台です。右端の中国人の叔母ちゃんが料理したそうです。
彼女は英会話が出来ないそうなので、地元の売り子さんが接客してました。


小物のお土産品の割引セールです。
私は、フィジー人の赤ちゃんのお人形(色が黒いキューピーみたいなの)が好きです。


カフェの冷蔵ショーケースで売られている、生のココナッツジュースです。1個、5.50FJD(約300円)です。
お客さんから注文があると、実の上をカットして、小さな穴をあけてストローを入れてくれます。冷やされてるので大変美味しいです。
上の段の果物は、お客さんの注文に応じて好みの果実で、ミックスフルーツジュースに仕上げます。




丁度昼過ぎ頃でしたが、海外からの観光客と地元のお客さんが、半々の感じです。


デナラウ港の方へ行ってみると、丁度、ママヌザ諸島めぐりのシャトル船が到着し、多くの観光客が桟橋へ降りてきてました。


観光客が降りた後から、ママヌザ諸島の村々からナンディに買い物などに来たフィジアンのご婦人たちが、数十人降りてきました。
主に海外からの観光客を、離島リゾートへ送迎する「シャトル船」は、離島の村のフィジアンたちにとっても本島への重要な日常生活の足として利用されています。


「デナラウ・ヨット・クラブ」の「ルンバ」で休憩です。
「ルンバ」と日本式に発音しても通じません、巻き舌で、「ラァァンンバ~~」です(笑)
テラス席で、くつろぐ観光客たち・・・


「ルンバ」のカプチーノです。「ノー・シュガー」でと注文したのに、フィジー・ブラウンシュガーのステックが2本付いてきました(笑) 1杯、7.50FJD(約400円)です。


「デナラウ・ヨット・クラブ」の専用桟橋に、超豪華クルーザーから40フィートクラスのセーリングボートまでが係留されています。
手前の赤い屋根は、ボートの給油所です、ボートを横付けして給油と給水が出来ます。



「ポート・デナラウ」は、私にとって、単純な退職生活に潤いをもたらしてくれる「大人の遊園地」ですか(笑)


何時かは超豪華クルーザーをは、全く無理な夢ですが、せめて下の写真の「小型ボート」くらいは所有したいと思ってます・・・

















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。