南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの人々(4)フィジーの教育事情

フィジーの人々(3)で、フィジーの教育制度の事に触れましたので、その続きで・・・

ナンディ・タウンのセカンドリーを無事卒業した女の子たちが卒業祝いの後、ナイトクラブ・デビューのため「ドレスアップ」して記念撮影です。この中で1名だけが、スバの南太平洋大学(USP)に合格しています。セカンドリーからは2名だけの合格者です。後の子は就職半分と高等専門学校進学です。
私もこの後ナイトクラブに付き合ってと言うより、保護者の代理で引率して、朝まで付き合わされました。



フィジーの教育制度は、前回セカンドリーまで触れましたが、プライマリー(Class1~8) 6歳~13歳、セカンドリー(Form3~7)14歳~18歳の内、Form6で修了する学生も多くいます、それは地元の有力会社が採用条件を,Form6以上としているためです。日本式に言えば、Form6で高校卒業と同等です。
セカンドリーの上が、サーティアリー(Tertiary) Level 1~3 で、高等専門学校、大学となります。
セカンドリーから進学するのは60%位と言われています。



フィジーの最高学府は、首都スバにある、南太平洋大学(University of South Pacific) です。
南太平洋大学は、南太平洋唯一の総合大学としてオセアニアの小規模島嶼国家(フィジー、クック諸島、キリバス、ナウル,ニウエ、サモア、ソロモン諸島、トケラウ諸島、トンガ、ツバル、バヌアツ、マーシャル諸島)12カ国で設立されています。本部、メインキャンパスはフィジーの首都スバで78ヘクタールの面積があります。各加盟国に分校とサテライト・キャンパスもあり衛星中継で講義が受けられます。法学部はバヌアツの首都ポートビラ、農学部はサモアの首都アピアにあります。



フィジー国立大学(Fiji National University)は、この数年で徐々に拡充されて大きくなって来た新設の大学です。
近年人気を呼びつつあるのが、フィジーの航空学校でナンディ国際空港の滑走路に隣接して校舎があり地元の学生や海外からの留学生もパイロットを目指しています。
フィジーには、各地にオイルマッサージを主体とした、スパがあるので、マッサージ師養成学校も女性に人気です。
海外からの奨学金制度で海外の大学に進学するチャンスもあります。



現実は厳しく、大学を卒業しても職に就けず、故郷の島に戻る学生も多く見られます。









にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの人々(3)


フィジーの本島から東に数百キロ離れた島の結婚式の後の披露宴の様子。
料理は、素朴な感じですが大変美味しいです。特にロボ料理(南太平洋で伝わる、伝統的な蒸し焼き料理)が私は大好きです。


上の二枚は、子供専用席の様子です。

同じ島で別の日の、ビレッジ・スクールの生徒たち。
私を見るために授業の休憩時間に校庭のフェンスまで集まったところです。男女混じっていますが良く見ないと区別がつきにくいです。



フィジーは英国式に準じた教育制度で、島のビレッジ・スクールは初等教育(Primary school)で、8年制です(6歳~13歳)。8年生の時に試験があり合格すれば中等教育(Secondary school)5年制(14歳~18歳)に進学できます。これも卒業すれば、大学1年次修了と同等の資格です。
フィジーでは、PrimaryからSecondaryへの進学率は50%位と言われています。


セカンドリーは、大きな島にしか学校がありませんので進学する子供は島を離れてセカンドリーの寄宿舎に入って勉強します。学費はセカンドリーまでは無料ですが、学用品、制服代、生活費などの関係で試験に合格していても進学できない子もいるみたいですが・・・





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの国名の由来

「ビーチカマー(コンバー)アイランド・リゾート」(Beachcomber Island Resort)
この小さなサンゴ礁の島は、世界中のバックパッカーのメッカの一つとして有名です。



正式名称「フィジー共和国」(Republic of Fiji) の「フィジー」の由来は、一つは現地語「VITI(ビチ)」を、ヨーロッパから来た宣教師が「フィジー」と発音したからという説。
二つ目は、1779年、有名な「キャプテン・クック」がトンガを発見した際、トンガ人より隣に「フィージー」と言う国があると聞き、これを「Feejee」と書き記したのが「フィージー」の起源となったと言う説が伝えられています。



実は日本語では、「フィジー」と記するため、日本人はフィジーと発音しますが、現地の方から発音は「フィージー」だよと指摘を時々受けます(笑)
英語では、「Fiji」と書きますのでフィジーとも読めますが、発音は「Feejee」が正解でしょうね。




にほんブログ村 海外生活ブログへ


にほんブログ村

私は、南太平洋を18世紀に3度も探検航海を実施して多大の功績を残した[キャプテン・クック」に敬意を表して、トンガ人の言った「フィージー」説を「南の楽園伝説」と共に信じています。


ちなみに、現在の国旗は、ユニオンジャックを頂いていますが、今年の「Fiji Day」10月10日より、新しく制定した(ユニオンジャックを外した)国旗となる予定です。(国民からの公募は閉め切られました。)






にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村