南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「土曜日の、シーフード市」2

シャコ貝の中身です。店番がいなかったので値段は聞けませんでした。これは高級食材なので、50FJD(約2750円)はするでしょうね・・・


ナマコの一種だと思いますが? これで1皿、5FJD(約275円)です。
私は、まだ食べたことはありませんが・・・


波打ち際で採れる貝と、不思議な海産物です。右上は宝貝の一種の貝殻です、1個、2~3FJD(約110円から165円)です。


お皿に盛られた、海ブドウです。1皿、3FJD(約165円)です。右側で新聞紙に置かれているのは、テングサの一種かな?


1皿、30FJD(約1650円)の熱帯魚です。


野菜売り場の様子です。大変混雑しています。



屋根のないところにも、出店がびっしりと。


今朝、私が購入した天然の車エビです、2皿分で、合計30FJD(約1650円)で、約500gです。
小ぶりの半分で、車エビのパスタソースと、残りは唐揚げで食べました(笑)


まだまだ、新鮮だったので大変美味しかったです!


ナンディ・タウン公設市場は、土曜日だけシーフード市が立ちますが、野菜や果物も、やはり土曜日が一番種類と量が沢山販売されています。


野菜もこの数年徐々に値上がりしてきましたが、シーフードの方がかなり高くなってました。
天然車エビの大型のものは、中国人の金持ち?が、まとめて買ってました(笑)









にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「土曜日の、シーフード市」

毎週土曜日は、ナンディ・タウンの公設市場は、早朝から一番の賑わいを見せます。


私は、午前6時30分頃、市場に到着しましたが、すでに沢山のお客さんで混雑してました。



ナンディ・タウン公設市場の正面玄関の左側のコンクリートが打ちっぱなしのコーナーに、毎週土曜日だけ「シーフード市」が立ちます。


歩道も半分は、出店になってます。ここも場所代を取られるかは分かりませんが(笑)


今日の買い物の目的は、天然の車エビでが、この頃、価格が上昇しました(笑)
真ん中の大きな車エビで、4本、20FJD(約1100円)です。
私は奥の左側の、小ぶりの車エビを2盛、買いました。1盛、15FJD(約825円)です。


車エビだけを売ってる、フィジアンのご婦人です。


かき揚げなどに使えそうな、小エビです。1皿、2FJD(約110円)です。


手作りの籠に盛られた、マングローブ蟹(マッド・クラブ)です。1籠、170FJD(約9350円)です。


蟹を売ってる、おばあちゃんに付き添ってる、フィジアンの女の子です。
写真撮ってと言われて、カメラを向けると、横のおばあちゃんが、急いで彼女の鼻を拭きました(笑)


こちらの蟹は、1列、100FJD(約5500円)です。



腹を裂かれた、フグ系のお魚です。値段は聞き忘れました。


茹でたタコは、1皿、30FJD(約1650円)です。


左の魚は、1匹、30FJD(約1650円)です。



フィジーの場合、シーフード類でも、氷は一切使用していませんので、早朝に買い物するほうが賢明でしょうね!




次に続く・・・








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「シンガポール料理店開店!」

ナンディ・タウンにシンガポール料理店「ビクトリアズ・アップル」(Victoria's Apple Restaurant)が、新規開店したとのことで、昨日の昼食に行ってきました。


実は、ここは以前、中国人経営の「回転すし屋」でしたが、別の場所に移転した後、シンガポール料理店が、新規開店しました。
場所は、ナンディ・タウンの、お土産店「ジャックス」の側道の奥です。


店内の様子です。


玄関を入ってすぐの、ディスプレイです。小玉のカボチャがシャレています。


黒板に、チョークで手書きのデザインです。


入って左奥の、部屋の様子です。


円卓テーブル席です。


全体的に、中華風でエキゾチックな飾りつけが施されていて、アジアの雰囲気を醸し出しています。


テーブルの上に置いてあるメニューですが、7FJD(約385円)から12FJD(約660円)位までの、軽い食事です。


裏には、高級なシンガポール料理が紹介してありました。


「焼き餃子」ですが、中華料理とは違う味付けで、ピリ辛のソースでパクチーがトッピングされてました。
大変美味しかったです。可愛いフライパンに入れられた、6個の餃子で、12FJD(約660円)です。


「シンガポール・フィッシュボール・カリー」です。インド系のカリーとは違う、マイルドな味で美味しかったです。ご飯も付いて、8FJD(約440円)です。


「シンガポール風チャーハン」です。お塩を控えめでソフトで上品な味でした。
10FJD(約550円)です。


「牛肉と野菜炒め」です。やはり中華料理とは違った調味料の炒めもので、結構美味しかったです。11.80FJD(約650円)です。


このレストランのオーナーも、シェフも中国人みたいですが、シェフは、シンガポールでシンガポール料理店の調理人を長い間していたそうです。


私は、本場のシンガポール料理と言うものを今まで食べたことはありませんが、ナンディに沢山ある、いわゆる中華料理店(フィジーの中華料理は、日本の中華料理とは似て非なるものです)とは違う味付けで、私には美味しく感じられたので嬉しかったです。



次回はもっと高級なメニューにも挑戦してみたいです(笑)










にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村