南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

「プランテーション・アイランド・リゾート」2


リゾートのメイン・レストランの内部の様子です。昼食にチョット早めの時間でしたので、お客さんは数組でした。


レストランから、「マロロ島」の眺望です。海に浮いてるものは、ビニールの遊具です。


レストラン前の海岸から、「マスケット・コーブ」方向へ白砂海岸が伸びてます。


レストランの裏のプールです。


「プランテーション・アイランド・リゾート」は、家族連れのお客さんが多いので、子供たち対象の「キッズ・クラブ」があり、日替わりで色々なプログラムが用意されてます。
丁度、ホールで、「キッズ・クラブ」のスタッフによる、ダンスの講習会が開催中でした。目の青い白人の子供たちが、熱心に指導を受けてました。


レストランの昼食メニューは、各種サンドイッチやバーガー、パスタなどで、私は「ビーフ・ベーコン・バーガー」を注文しました。26FJD(約1560円)です。


各種ウォータースポーツ受付ブレです。


丁度、ライフジャケットを着けて、親子がカヤッキングに出るところです。


桟橋から眺めた、「ウォーター・パーク」です。


こちらは、「スクーバダイビング」やボートを利用したトローリング、バナナボートなどの受付ブレです。



桟橋から右側に、海岸にそって、コテージ式の宿泊ブレが建ち並んでいます。ブレは、さらに内側の広大な敷地に立ち並んでいます。


サイクリングを楽しむ子供たちです。


海岸から奥の、ヤシの木の林の中に立ち並ぶ、宿泊ブレ群です。


カフェ「ココハット」(Cocohut)です。カフェオレが美味しかったです。


カフェの裏の、お土産から日用品まで置いてある、ブティックです。


ナチュラル・ウォーター、アルコール飲料、ソフトドリンクス、スナックなどを売ってるお店です。


「マロロ・キャット」の最後の便で、デナラウ港へ戻るための乗船券を待ってるお客さんたちです。


午後の便は、午前と反対に先に、「マスケット・コーブ」に寄港し、その後「プランテーション」に寄ります。午前の便は、主にお客さんを送るため、午後の便は、主にお客さんを迎えるためです。


時間通り、午後4時に乗船開始です。お客さんの他に、リゾートのスタッフたちも乗船します。リゾートは、24時間営業なので、スタッフは一日、3交代のシフトです。


「マロロ・キャット」お客さんたちの乗船と荷物の積み込みが終わると同時に、デナラウ港に向かって出港しました。


私たちは日帰りのため、約5時間ほどの滞在でしたが、結構のんびりとした時間が過ごせました。


「プランテーション・アイランド・リゾート」は、190室ほどの規模ですが、オーストラリアやニュージーランドの学校が休みの時期は、ほとんど満室の状態が続き、多くの家族連れでにぎわうそうです。























にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

「プランテーション・アイランド・リゾート」

「プランテーション・アイランド・リゾート」(Plantation Island Resort)は、ママヌザ諸島の、マロロ・ライライ島(Malolo Lailai)に立地し、ナンディ国際空港から、セスナの水上機で約10分、デナラウ港から高速船「マロロ・キャット」で約1時間で到着の、ナンディから一番近いアイランド・リゾートです。


先日、私たちは日帰りで訪問しました。


「ポート・デナラウ」の専用桟橋で準備中の高速双胴船「マロロ・キャット Ⅳ」です。


午前10時30分発で、デナラウ港を出発しました。プランテーション・アイランド・リゾートまで、1名、大人片道、80FJD(約4800円)です。


船のクルーは、ほとんどフィジアンです。操舵席に座って操船してるフィジアンが、キャプテンだそうです。


前方デッキの座席です。


後部デッキの座席です。そのほか1階と2階に客室が備えられてます。


港の外に停泊中の、個人所有の、スーパー・メガ・ヨットです。米国から来たそうです。


約1時間で、マロロ・ライライ島に到着です。洋上は波も風もなく、最高のセーリング日和です。


最初に、「プランテーション・アイランド・リゾート」の桟橋に停泊します。


桟橋の上には、お客さんを出迎えするホテルのスタッフがすでに待機してます。船に乗り込むお客さんもスタンバイです。


お客さんの歓迎のギター演奏と合唱が始まりました。たまたま引き潮で浮桟橋は大きく下がっていました。
実は、この様な桟橋のあるリゾートは少なく、ほとんどは沖に停船し、ホテルの小舟でお客さんを迎えるところが多いです。


桟橋横の海底に、サンゴ礁と数種類の小魚が群れていました。


続々と、船を降りて上陸するお客さんたちです。桟橋と船の向こう側に見えてる島は、かなり大きな「マロロ島」(Malolo)です。


上陸したお客さんたちは、チェックインのためにメインブレの中に進みます。


乗降客と荷物の積み下ろしが終わった、「マロロ・キャット」は、次の停泊地、「マスケット・コーブ・アイランド・リゾート」(Musket Cove Island Resort)へ向かいます。
「マロロ・キャット」は、「プランテーション」「マスケット・コーブ」の2ヶ所のみの連絡船です。


プランテーション・アイランド・リゾートの奥に見えてるところが、「マスケット・コーブ・アイランド・リゾート」です。
マスケット・コーブは、立派なマリーナを併設し、世界中のヨットマンから愛されています。写真の左に沢山のヨットのマストが見えてます。


マロロ・ライライ島には、家族連れに人気の「プランテーション」(3スタークラス)と少し高級な雰囲気の「マスケット・コーブ」(4スタークラス)の他に、18歳以下は泊まれない、大人のリゾート「ロマニ・アイランド・リゾート」(4スタークラス)が立地してます。


ちなみに、「ライライ」とは、フィジー語で小さなと言う意味で、海峡で接した「マロロ島」は、かなり大きな島です。「マロロ島」の方にも、4ヶ所にアイランド・リゾートが立地してます。
「マロロ島」の南部に立地する一部のリゾートのお客さんも、「プランテーション」の桟橋経由でホテルの出迎えのボートに乗り換えます。



次に続きます・・・























にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジー産「モンキーポッド」(レインツリー)

現在、フィジーの主要輸出品目に、「木材」が上位に上がってきました。


「木材」の主なものは、広大なのプランテーションから、輸出用チップ材として(現在、パインチップは、100%日本向けに輸出されてるそうです)、近年スタートした、マホガニーのプランテーションからも伐採が始められています。


ココナッツ材を使用した、高級・高品質な家具も輸出されています。


その中で、まだ取扱高は少ないのですが、「フィジー産モンキーポッド」も世界に輸出されてます。


モンキーポッド(Monkey pod)は、学名:「Albizia Saman」で、熱帯アメリカ原産のマメ科ネムノキ亜科ネムノキ属の常緑高木です。別名、レインツリーアメリカネムノキです。


「モンキーポッド」と言うと、日本の方々はほとんど知らないと思いますが、ハワイ・オアフ島の「モンキーポッド」の大きな樹が、「日立グループ」のTVCMで永く取り上げられて「日立の樹」として有名になりました。


ナンディ町のナマカ地区の緑地帯に自生する、「モンキーポッド」の樹です。
フィジーにはあちこちに、「モンキーポッド」は自生してますが、海岸に近いところの樹は、材木としては品質が良くないそうです。



今回、ナンディ町から、国道を、約67km北上した「バ町」(Ba)にある、フィジーで一番の規模の「ダヤールス製材所」(Dayals sawmillers)を訪ねました。


製材所の奥の、貯木場に並べられた、「モンキーポッド」の丸太です。



丸太一本ごとに、通し番号と、D(Diameter)直径、L(Length)長さが表示されてます。上の写真の原木は、通し番号151、直径、109cm、長さ2.50m と記されています。ただし、直径は原木の長さの中心の直径を表してるそうです。
この数字から、mの立方(立米)が計算され、1立米が取引の単位になります。



丸太は重機で、製材機の前に運ばれ、切る方向の調整を施されます。


枕木の上に乗せられた丸太です。


添え木を噛まされ固定されます。


最新の製材機だそうです。中心に糸みたいに見えるのが、帯鋸です。



製材機がレールの上を移動して丸太を縦方向に切断していきます。「モンキーポッド」は主にテーブルトップなどに使用するため、60~70mmの厚さの板に切ります。


製材して板になったものを間を透かして重ねていきます。


板の上に水を流して、本来の色と文様を見せてくれました。


切ったばかりの板を作業員が、調整してる様子です。


出来上がった板は、隙間を作られ、このように雨のかからないようにして、約3週間空気乾燥されます。ひび割れが広がらないように金属鋲が打たれてます。


空気乾燥後、コンテナに詰められて、輸出されます。


現在は、丸太での輸出は禁止されてますので、このように製材済の板材として輸出されます。


上の写真は、日本でテーブルセットに加工された、「モンキーポッド」です。



現在、この製材所では、取扱高の、約90%が、フィジアン・マホガニー材で、フィジー産モンキーポッドは、約10%だそうです。


フィジアン・マホガニーは、すべてプランテーションで伐採された材木ですが、フィジー産モンキーポッドは、すべて自生してるものを森林から伐採してきたものだそうです。











にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村