南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「再び、バ町へ」

先日、「バ町」(Ba)を訪問しましたが、用事が1日で終了しなかったので、再び、ローカルバスを乗り継いで、2時間半の旅で、バ町を再訪問しました。


前回、行けなかった町の、奥から見学しました。


「バ町役場と町民センター」です。繁華街を、東方に通り抜けて、少し上った丘の上に位置してます。


バ町役場の側面です。


役場のすぐ右隣に立地する「バ町警察署」(Ba Police Station)の建物です。


警察署の正面の、かなり古いビルです。フィジーで有名な服飾メーカー「ナギンダス」(Nagindas)の建物で、1Fに裁縫工場がありました。多数のミシンでインド系の女性従業員たちが洋服を仕立ててました。


ナギンダスの右に続く、コロニアル風の古い建物街です。19世紀後半にインド人が大量に入植した後、インド資本で投資が始まったころの建物だと思います。


公園を間に挟んで、コロニアル風建物街の正面に、こちらも相当に古い「映画館」らしき閉鎖された建物です。


バ町役場と古い建物街に囲まれた、かなり広い「児童公園」です。
左奥が「バ町役場」、右側が、コロニアル風の古い建物街です。


フィジーにしては、珍しい綺麗に整備されていました。


映画館の左側で、通りの角に古い建物ですが、壁は新しいペンキで、中国人の名前らしい表示のビルがありました。


1Fに、他のレストランと違う雰囲気のお店がありましたので、昼食にと、入ってみました。



店内は、クラッシックぽい感じですが、清潔感がありました。


このお店で、初めて見た名前の「マンゴー・ジュース」です。ナンディのスーパーでは売られてません。実は、バングラデシュの首都ダッカに本社がある、飲料メーカーでした。
このボトルで、2.60FJD(約150円)です。
ちょっと甘ったるい味ですが、結構美味しかったです。


「ジュース」と表示してますが、マンゴー・パルプ20%と、その他添加物たっぷりのソフトドリンクでした(笑)


注文した料理は、「チキン・チャウミン」(Chicken Chowmin)7FJD(約400円)です。
このメニューは、もともと中華料理ですが、今やフィジーに帰化したローカル食です。
レストランの経営者は、インド系の方でメニューは、インド系とローカルメニューがそろってました。
味は良く、このボリュームで、7FJDは、ナンディから比べるとかなり安めです。


バ町役場に向かう登坂の途中にある、奇抜なデザインのビルです。
1Fに、コンピューターショツプの「ボンドウェル」(Bondwell)が入店してるだけで、上の階は全部空室です。


フィジーの伝統的な建物のデザインみたいですが、歩いてる人に聞いても、何のためのビルなのか分かりませんでした。


こちらは、建設途中で工事がストップしたビルです。
位置的には、バ町唯一の「バ・ホテル」(Ba Hotel)の場所らしいので、新しく建て替え中に資金が続かず、ストップした状態ですかね?


ナンディ町は、ナンディ国際空港の開設とともに発展してきた、比較的新しい町です。それも海外からの観光客向けの免税店やお土産屋を中心に、観光客向けのレストラン、カフェが立地してますが、英国の植民地時代に、サトウキビ産業とともにインド人の入植により発展した、バ町は、植民地時代の建物や雰囲気を残して、南太平洋のフィジーに、インド人の町として現在も存在している、不思議な町です。




















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」2

サロンの側から眺めた、ラグーンを囲む半島の上の、「ヴィラ」です。この辺が、ラグーンの最深部にあたります。


サロンから正面の、「ヴィラ」です。


人工環礁に建てられた、この「水上ヴィラ」が、このホテルの最大の売りです。


「水上ヴィラ」の空撮写真です。(この写真は、ネットの画像を拝借しました。)


「Lagoon House & Bar」(地中海料理)と白いパラソルのあるプールの眺めです。


ラグーン側から眺めた、メインレストラン「goji Kitchen & Bar」です。


「goji」の入り口の看板です。


同じく、店内の様子です。


ラグーンの陸側に建てられた、ホテル棟です。


「Lagoon House」手前の、ビーチバレーコートです。


「Lagoon House & Bar」の店内の様子です。


同じく店内から、水上ヴィラの眺めです。




「Lagoon House」に隣接してプールがあり、「プールバー」も設置されてます。


「Lagoon House」で、昼食休憩しました。
写真は、「BLT CIABATTA」(ベーコン、レタス、トマトのサンドイッチ)28FJD(約1680円)で、カプチーノは、1杯 8FJD(約480円)です。
さすが、5スターホテルのお値段です(笑)


昼食後、エントランスを通り、帰路につきました。


「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」は、20ヘクタールの人工環礁(ラグーン)を囲んで、114棟のヴィラ(20棟の水上ヴィラを含む)と136室のデラックスルーム、合計250室の大型リゾートです。



元々、モミ湾開発は、20数年前に海外資本で始められましたが、フィジー特有の諸問題でとん挫し、2002年からは、フィジー全国共済基金(FNPF)が、モミ湾リゾートホテル建設計画として推進してきました。最初に、人工環礁(ラグーン)が、造成されました。
しかし、資金の融資元のニュージーランドの金融機関の破たんなどで遅れて、2014年にやっと、「マリオット・ホテル」進出決定で、その後、建設が順調に進んでいました。
FNPFからも、資金提供して、国家的プロジェクトの意味合いもあると思いますが、ホテル運営に伴う地元雇用は、1000人規模で発生しますので、十分に意義ある事業ではないかと思います。













にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」

マリオット・インターナショナル(本社 米国 メリーランド州)は、旗艦ブランドである、『マリオット・ホテル』の、フィジー初上陸となる「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」(Fiji Marriott Resort Momi Bay)を、2017年4月1日に、オープンしました。
このホテルは、南太平洋に浮かぶフィジー本島(ビチレブ島)の西海岸、モミ湾(ナンディ国際空港から、約38km)に位置してます。
モミ湾の、静かなビーチと豊かな自然環境に囲まれて、人工環礁(ラグーン)を中心にした、フィジー本島では初となる水上ヴィラを有する、エキゾチックな大型リゾートです。


今日でオープンして、まだ2週間とちょっとですが、見学がてら訪問しました。
入口の、セキュリティ・ブレのスタッフに、「昼食に来ました!」と告げて、入れてもらいました(笑)

ホテルの第二駐車場です。奥に見える建物は、イベント棟の「Grand Salon Ballroom」です。この先に、第一駐車場もあるそうですが、満車で、ここも1台分の空きしかありませんでした。


ホテルの案内板です。


イベント棟を、海側から眺めた写真です。最高400名収容の会議場になるそうです。


イベント棟から、海側に歩きます。左奥に海岸線が見えてます。


第一駐車場を過ぎると、宿泊棟の一部が見えてきました。


ホテルのエントランスです。タクシーや送迎車で来ると、ここで下車できます。


玄関を入ったすぐ左に、「コンシェルジュ・デスク」があります。ロビーのすぐ右側はラグーンです。


ロビーから眺めた、ラグーンに張り出した、メインレストラン「Goji Kitchen & Bar」(アジアフュージョン料理)です。


ロビーの壁の上部に、設置された不思議なデザインの飾り窓です。ここの代表的なデザインと思いますが、意味は聞き忘れました。


「コンシェルジュ・デスク」のすぐ奥が、ホテルの「チェックインカウンター」です。
ちなみに今日は、満室だそうです。イースター・サンデーで、海外からのお客さんだけでなく、地元の宿泊客も多いそうです。


「チェックインカウンター」の正面の、ソファーセットです。


地元の観光会社「ロージー・ホリディズ」(Rosie Holidas)の「ツアー・デスク」です。


有名お土産屋の「ジャックス」(jack's)のお店ですが、南洋の黒真珠や貴金属などと高級お土産のみの販売です。


「Fiji Baking Company」(デリカテッセン)の、注文カウンターです。


ロビー棟の一番奥に設けられた、サロンです。この木造で涼しそうな高い屋根構造が、このホテルの基本的なデザインです。



まだまだ、見学は続きます・・・







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村