南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「ロック・マーケット」2



フィジーのオリジナルデザインのシルバー・ペンダントトップの作品は、「トトカ・ジュエリー」(TOTOKA JEWELRY)の出店です。
シルバーのチェーンは、イタリア製だそうです。


彼が、オーナーで製作者のマルコ(Marco Mostert)さんです。サブサブ在住だそうです。
多分、名前から彼は、イタリア人かな?


フィジー伝統のデザインの布地で手作りされた、小物入れなど。



こちらも、フィジーの伝統の材料やデザインを取り入れた、小物やアート作品のお店です。


自家製のクッキーやチーズケーキなどを販売中の、赤い口紅がマークの「LANI'S」と言うお店です。


パイナップル・アイスクリームです。1個、5FJD(約290円)です。
写真は私が注文したものですが、半分に切ったパイナップルをくり抜いて、カットパインを詰めて、その上にアイスクリームをたっぷりと乗せてくれます。
カットパインにアイスクリームを絡めていただきます。雨上がりの晴天で暑かったので、余計に美味しかったですよ(笑)


熱帯のお花の苗屋さんも何軒か出店してます。


こちらは、熱帯の観葉植物の苗屋です。



大きな樹の下に出店している、小さな弁当屋さんです。


スバの「ロック・マーケット」は、もっと規模が大きいそうですが、やっとナンディのナマカ地区に進出してきてくれました。


出店者は、スバからも出張してきてるし、ナンディ地区のお店も多数出ているそうです。


今後は、毎月の恒例にしたいと言うことらしいです。


私としても、この「ロック・マーケット」がもっと大きく、盛んになることを期待してます。












にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「ロック・マーケット」

フィジーの首都のスバで有名な、「ロック・マーケット」(ROC Market)が、初めてナンディのナマカ地区で、3日(土)、4日(日)の二日間、開催されました。


なぜ、ロック(ROC)と呼ばれるのか、意味はわかりませんが・・・



ナマカ地区の中心地、MHスーパーマーケットの国道を挟んだ向かい側の、空港緩衝緑地に、整然と同一規格のテントが沢山張られていました。
写真では青空ですが、早朝に激しいスコールが短時間ですがありましたので、地面は多少ぬかるんでいました。






主に手作りの手芸品類、アクセサリー類、伝統工芸などのお店が並んでいます。


目にも鮮やかな、熱帯植物のお花の髪飾りです。すべて造花です。


このお二人の手作り作品だそうです。


商標は、「Pawpaw Patch」です。
Pawpaw(パウパウ)とは、フィジー語で、パパイアの事です。


お隣から、「私も撮って!」と声を掛けられました。「どこの国の出身ですか?」と尋ねると、「フィジー生まれのスコットランド人との混血よ」と答えられました。


「Out of my Shed」と言う名前のお店です。コンクリートで成形した置物などに、綺麗に彩色してます。


上品そうな白人のご婦人が、トロピカルな手作りの置物を販売してます。



フィジーで言う、「マーケット」とは、ブンダ・マリーナの「マーケット」のように、個人の手作り作品ですが、専門的に制作されてる方たちの、展示即売会みたいです。



次に続きます・・・











にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 12月1日(木)

午前9時頃の、南の空です。今日は低気圧の影響で、朝から曇って小雨が時々降ってます。
いよいよ、12月になり、暑さも本番です!
午後に夕立が多くなりましたので、湿気もありますので動くと汗が出ます。


アボカドの若木も、高さ、約148cmにもなりました。


こちらは、まだ約100cmです。


この青シソは、2代目の成長です。最初の青シソの種から目が出てきました。


旬の時期に入った、フィジー産の完熟パイナップルです。小ぶりの物が、6個で、5FJD(約290円)です。側によると甘酸っぱい香りが漂ってます。


大きい物は、5個で、10FJD(約580円)です。


フィジアンの青年が、ちゃんとゴム手袋をつけてパイナップルの茶色い粒粒を切り取ってます。


半分にカットして、粒粒を丁寧に切り取ったパイナップルです。1切れ、1FJD(約58円)です。公設市場を見学に来た観光客は、ほとんど全員が、買って食べてます(笑)
もちろん、地元の方も。
私は、毎年、このカットされたパインを、10個ほど買ってジャムを作ります。自分で剥くのが面倒なので(笑)


マンゴーも、まだそこそこ出てますが、今季はシーズンが終わりに近づきました。1山、2FJD(約116円)です。


ヤシの木に登って、収穫したジュース用の青いココナッツです。1個、3FJD(約175円)で、購入すると上の部分をカットして、ストローを差し込み、すぐに飲めるようにして渡してくれます。


露地栽培のフィジー産トマトです。小粒で、1kg、10FJD(約580円)です。


今年は雨がそこそこ降るので、青物野菜もまだ沢山出ています。


ナンディ・タウン公設市場は、毎日午前中が一番込み合いますが、今日は木曜日の午後だったので、それほどは込んでませんでした。
金曜日と土曜日は、早朝から午後まで買い物客で大変込み合います。



兎に角、この時期は毎日水分を十分に取らないと、暑さでバテてしまいます。


フィジー産の完熟パイナップルは、本当にジューシーで甘くて美味しいです。


我が家では、この頃ほぼ毎日食してます(笑)





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村