南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「フィジアン方式のグアバ・ジャム」

グアバのシーズンも、そろそろ終了なので、フィジー人家庭の伝統的なレシピで、「グアバ・ジャム」の作り収めをしました。


フィジー産の完熟グアバ、約2.8kg、4FJD(約240円)です。


シンクの中で、何度も水洗いします。


皮はそのままで、実の上下を切り落とし、4つ切りにします。綺麗なピンク色の果肉です。


この状態で、約2.5kgになりました。


煮込み用の鍋に入れて、ひたひたになるまで水を加えます。今回は、2L分の水量です。


蓋をして、煮込み開始です。


最初は強火で、沸騰してきたら、弱火で煮込みます。


約1時間、煮込んだ状態です。


濾して、水分と果肉を分けます。まだ十分に美味しそうな色を残してますが、果肉は捨てます。


濾した水分を計量します。今回、約1.7L でした。


使用するフィジー産ブラウン・シュガーです。2kg、3.27FJD(約196円)です。


フィジアン方式の場合、水分と同容量の砂糖を使用します。
ブラウン・シュガー1.7Lで、約1.5kg(約147円)分になりました。


別の鍋に、水分1.7L ブラウン・シュガー1.7L を加えて、かき混ぜて砂糖を溶かします。
フィジー産ブラウン・シュガーは、多少不純物が混じっているので、ネットでふるって使用します。


弱火で、焦げないように木べらで攪拌しながら、約2時間、煮詰めて、攪拌するとこのように吹きあがるように、泡立つころが出来上がりです。
途中、浮いてきたアクを、何度も取り除きます。
1時間30分過ぎたころ、ローカルレモン果汁を、約100cc加えてます。


事前に洗って準備していた、中古のトマトソースのガラス瓶に、熱いままのジャムを充填して、すぐに熱湯の中で約15分、加熱消毒脱気処理を行います。


結局、完成量、合計1.65kgのジャムになりました。
原料費は、合計、約400円です。
容量、300mlのジャムボトルを使用すると、5本分になります。


透明感のある、綺麗なルビー色の、「フィジアン方式のグアバ・ジャム」が出来上がりました。



マーケットなどで、販売されてる、フィジアンの自家製グアバ・ジャムは、多分、煮込み半分、煮詰め半分くらいなので、かなり流動的な感じです。「グアバ・ジェリー」と表示されてるボトルもあります。


どちらにしても、水分量と同量のブラウン・シュガーを使用しますので、大変甘いジャムです。


私は、折角ですから、グアバの果肉を、なるべく残す方法で、ジャムにしてますが、嫁を含めて我が家のフィジアンの女性は、食べなれてるせいか、このフィジアン方式のグアバジャムが大好きです。

































にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 4月1日(土)

ラウトカ市に、一昨年より建設中だった、フィジーの大手免税店「タプー」(Tappoo)の新しい商業ビルが、今週木曜日に、開店したとの情報がありました。


早速、本日、ローカルバスに乗って見学に行きました。

ラウトカのバスセンターから、メイン道路を山側に歩いていくと、新しい建物が見えてきます。


お土産屋「ジャックス」の前の横断歩道で渡ります。


実は、道路を渡って、サトウキビ列車の線路も横断します。
線路横断は、危険みたいですが、現在はサトウキビの刈り入れは行われてませんので、列車は来ません(笑)


商業ビルの、正面入り口です。


横長いビル(2階建て?)の左端は、最新設備の映画館「ライフ・シネマ・ラウトカ」(2スクリーン)です。
映画館は、先行して営業を開始していたそうです。


映画館の方から見た、商業ビルです。かなり長いです。


正面玄関を入って、すぐのエスカレーターです。
フィジーでは、エスカレーターの設置された商業ビルは、まだ数えるほどしかありません(笑)


玄関を入って、右奥に「タプー」の売り場があります。




「タプー」の店内の様子です。


エスカレーターで上がった、2階は、「タプー」の、ホームセンターです。





「タプー・ホームセンター」の店内の様子です。


2階にある、カフェです。今日は、満席でした。


エスカレータで上がった、2階の左奥が、映画館の入り口です。


映画館の入り口前の壁に、インド映画の大きな看板が張られてました。


実は、ラウトカ市は、サトウキビ産業の中心地なので、インド系の住民が非常に多いのです(笑)


フィジーも民主化後に、開発が進み、新しい品ぞろえのお店が増えてきました。


ビルは、まだ完成でなく、各所で内装工事が続けられていました。
兎に角、フィジーに新しい商業ビルが増えるのは楽しみが広がるので歓迎です。



今日は、買い物でなく見学だったのですが、次回は買い物で来たいと思いました(笑)


























にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「アボカドの水耕栽培」

今年も、「フィジー産のアボカド」のシーズンを迎えましたので、少しずつ買って食べました。

二月の下旬ごろが旬で、写真の「アボカド」が、右の物が、1個 1FJD(約60円)、
左が、2FJD(約120円)でした。


私は、この種類の「アボカド」を買って、2~3日熟させて、食べてました。この実は、約650gで、2FJD(約120円)でした。


実を食べたら、種を水でよく洗い、茶色の薄皮を剥いて、さらに水洗いして、プラスチックのお皿に水を張り、種を上向きに漬けます。
2週間を過ぎるころ、下の種のように、実の割れ目が少しづつ開いてきます。


この種が、2週間くらいで、割れ目から下に根が出てきて、上には若芽が上がってきました。
早速、ペットボトルの再利用で個別に水耕栽培を行います。


上の写真の種の、1週間後です。


根もしっかりと伸び、さらに細かい根も出てきてます。


今日現在で、4個の種から、根が出てきましたので、それぞれペットボトルの水耕栽培容器に入れました。


「アボカド」の水耕栽培は、昨年から始めましたので、今シーズンは要領がよくなりました。
ネット情報によると、種から若芽が出るまで、約1か月と記述されてますが、フィジーは連日、室内でも30℃を超える日が続いたので、約2週間で若芽が出てきました。


この「アボカド」の木は、芽が出て、ちょうど1年目になりました。約180cmの高さまで成長です。


この「アボカド」は、上とほぼ同じ時期ですが、約150cmの高さです。
上の木と少し種類が違ってましたが・・・


後、別の庭に1本植えて、昨年の「アボカド」の種は、3本成長中です。



我が家のアボカドの食べ方は、完熟させてから、実をつぶして、トーストの上にたっぷりと乗せて美味しくいただきます。


今年の「アボカド」が、若木まで育ったら、友人にプレゼントする予定です。
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村