南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジー産「モンキーポッド」(レインツリー)

現在、フィジーの主要輸出品目に、「木材」が上位に上がってきました。


「木材」の主なものは、広大なのプランテーションから、輸出用チップ材として(現在、パインチップは、100%日本向けに輸出されてるそうです)、近年スタートした、マホガニーのプランテーションからも伐採が始められています。


ココナッツ材を使用した、高級・高品質な家具も輸出されています。


その中で、まだ取扱高は少ないのですが、「フィジー産モンキーポッド」も世界に輸出されてます。


モンキーポッド(Monkey pod)は、学名:「Albizia Saman」で、熱帯アメリカ原産のマメ科ネムノキ亜科ネムノキ属の常緑高木です。別名、レインツリーアメリカネムノキです。


「モンキーポッド」と言うと、日本の方々はほとんど知らないと思いますが、ハワイ・オアフ島の「モンキーポッド」の大きな樹が、「日立グループ」のTVCMで永く取り上げられて「日立の樹」として有名になりました。


ナンディ町のナマカ地区の緑地帯に自生する、「モンキーポッド」の樹です。
フィジーにはあちこちに、「モンキーポッド」は自生してますが、海岸に近いところの樹は、材木としては品質が良くないそうです。



今回、ナンディ町から、国道を、約67km北上した「バ町」(Ba)にある、フィジーで一番の規模の「ダヤールス製材所」(Dayals sawmillers)を訪ねました。


製材所の奥の、貯木場に並べられた、「モンキーポッド」の丸太です。



丸太一本ごとに、通し番号と、D(Diameter)直径、L(Length)長さが表示されてます。上の写真の原木は、通し番号151、直径、109cm、長さ2.50m と記されています。ただし、直径は原木の長さの中心の直径を表してるそうです。
この数字から、mの立方(立米)が計算され、1立米が取引の単位になります。



丸太は重機で、製材機の前に運ばれ、切る方向の調整を施されます。


枕木の上に乗せられた丸太です。


添え木を噛まされ固定されます。


最新の製材機だそうです。中心に糸みたいに見えるのが、帯鋸です。



製材機がレールの上を移動して丸太を縦方向に切断していきます。「モンキーポッド」は主にテーブルトップなどに使用するため、60~70mmの厚さの板に切ります。


製材して板になったものを間を透かして重ねていきます。


板の上に水を流して、本来の色と文様を見せてくれました。


切ったばかりの板を作業員が、調整してる様子です。


出来上がった板は、隙間を作られ、このように雨のかからないようにして、約3週間空気乾燥されます。ひび割れが広がらないように金属鋲が打たれてます。


空気乾燥後、コンテナに詰められて、輸出されます。


現在は、丸太での輸出は禁止されてますので、このように製材済の板材として輸出されます。


上の写真は、日本でテーブルセットに加工された、「モンキーポッド」です。



現在、この製材所では、取扱高の、約90%が、フィジアン・マホガニー材で、フィジー産モンキーポッドは、約10%だそうです。


フィジアン・マホガニーは、すべてプランテーションで伐採された材木ですが、フィジー産モンキーポッドは、すべて自生してるものを森林から伐採してきたものだそうです。











にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「フィジーの郷土料理、スイ」

フィジーの伝統的な郷土料理に、骨付き牛肉のスープ「スイ」(Sui)があります。


地元の方々に大変人気なメニューです、基本的には家庭料理ですが、ローカルのレストランの人気メニューの一つでもあります。


今回は、イスラム教徒の「犠牲祭」の時に、我が家の大家さんからいただいた骨付き牛肉の一部、約1.3kgを使用しました。


まず、沸騰させたお湯で、10分以上下茹でした後、水で灰汁や汚れを洗い流します。
それを圧力鍋に入れたところです。


水を、1500mlと玉ねぎ1個、ローリエ2枚、乾燥ハーブ、生のパセリ、ニンニク3個、塩少々を加えたところです。
地元では、基本、水と塩だけで、2時間以上、コトコトと煮込みますが、私は多少アレンジしてます。


圧力鍋は、地元で、約10年前に購入した、旧式のタイプですがパッキンのゴムもへたらず、今も密閉され圧力もちゃんとかかります。
強火にかけて、最初の蒸気が出てから、火を中火にして、約40分間煮込みます。


加熱終了後、自然に圧が下がるまで放置して、蓋を取ったところです。白い骨も外れて出てます。
500mlほど水を足して、再び加熱し沸騰したら火を止めて、約3時間放置して味をなじませて、さらに仕上げに塩コショウで味を調整して出来上がりです。


その間、付け合わせの「タロイモ」を茹でます。


タロイモ3個(約3kg)で、5FJD(約300円)です。


今回は、1個だけ皮を剥いてカットして、約10分、水で晒した後、10分ほど竹串がすっと通る位まで塩茹でしました。


定番は、「ウォーター・クリス」と呼ばれる野菜をスープに入れるのですが、今の時期は手に入らないので「ツンブァ」と呼ばれる野菜の葉を使用しました。1束、1FJD(約60円)です。
葉の部分だけを千切り、お湯で下茹でしておきます。


緑の葉っぱは、スープを器に盛る直前に鍋に加えて1分ほど煮込みます。
それぞれを盛りつけたら、完成です。


通常の食べ方は、スープにレモンを絞り込んでから、食します。


簡単な料理方法ですが、煮込むことで骨からもスープが取れて、素朴ながら美味しいスープに仕上がります。


通常は、街の肉屋さんで、「スイ」用の骨付き牛肉を買ってから調理します。


圧力鍋で調理しますので、地元の牛肉でも柔らかく仕上がります。


我が家でも人気のメニューですから、時々調理します。
























にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 9月1日(金)

2週間前の、8月18日(金)の早朝、我が家の居間で、16℃ の気温でしたが、
今朝は、23℃ まで上昇していました。
気温、16℃ と言うのは、私がフィジーで体験した最低気温でした。
我が家のゲートから眺めた、午前8時ごろの南方向の空の様子です。薄く雲がかかってます。この二週間は季節の変わり目(乾季から雨季へ)で雨が降ったり晴れたりの変わりやすい天気でした。


上の写真の、ヤシの木の左隣の、パンノキ(ブレッド・フルーツ)です。
右上の枝に、パンノキの実が、まだ小さく生ってるのが見えますか。


こちらは、我が家の東隣の庭の、マンゴーの大木です。
今シーズンは沢山の実がついてます。写真に見えてるマンゴーの実は、熟すと我が家の庭に落ちてきます。



たわわに生って成長中の、沢山のマンゴーの実です。


下の地面には、自然淘汰されて落ちてきた小さな実が沢山見えます。これは食べられません。


これは1年間で、約2mの高さまで成長してた「アボカド」の木でしたが、病気に罹り、上部が枯れてきたので、侵されてた部分を切り取りました。その後、残した切り株から新しい枝が立ち上がってきました。


同じく「アボカド」の木ですが、同じように病気に罹ってきた枝を早めに切り落として、何とか保ってます。高さは、170cm位です。


私の前の借家人が残してた、パイナップルの苗を適当に移植して、約4年目で初めて実が生ってきました。ちゃんと肥料を施して苗を植えれば、約3年で実がなるそうです。
食べれるくらいまで無事に育ってほしいですが・・・


パイナップルの花の写真です。下から順に開花して、最後の開花の頃です。


庭のヤシの木です。


ヤシの実が沢山生ってます。定期的にフィジアンの青年たちが、実を落としに来ます。
実に上手に実のあるてっぺんまで登って落とします。
その実が、国道沿いで、ココナッツジュースとして販売されてます。


フリーマーケットで見つけて買ってきた、平葉種のパセリです。日本ではイタリアンパセリと呼ばれてるらしいです。
料理に大変重宝してます。


フィジーは、一年中、常夏で全く季節感のない生活ですが、隣の庭のマンゴーの実が成長しだすと、また一年たったと感じられて年の経つ速さが身にしむ今日この頃です・・・


隣の庭のマンゴーの実が熟して落ちてくるのを楽しみに待ってます。






























にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村