南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「フィジー・デー(独立記念日)」2


軍団の行進は続きます。


こちらは、「軍旗」の衛兵です。


礼装の軍団が、横一列に整列しました。


軍楽隊の行進です。


フィジーの首相を乗せた、特別車が、会場に到着しました。


サーベルを掲げて、白の礼装で将校団の入場です。


将校団が配置につきました、各隊の隊長さんでしょうね。


外野の土手も、観客で一杯になってます。


「軍旗」のカバーも外されました。


フィジーの首相「ジョサイア・ヴォレゲ・バイニマラマ」(Josaia Voreqe Bainimarama)が、全軍に挨拶です。彼は、元フィジー国軍の最高司令官でした。
彼が最高司令官の時、2006年に、軍事クーデターで政権を略奪しました。
その後、2014年9月の総選挙まで、フィジーは軍事政権下にありました。


首相の後ろに従ってる方が、現在のフィジー国軍の最高司令官だと思います。


バイニマラマ首相は、奥さんと一緒に、貴賓席へ・・・


その後、フィジーの大統領車が、会場に到着しました。


左から2番目の、無帽の方が、「ジオジ・コヌシ・コンロテ(Jioji Konusi Konrote)大統領」(2015年11月 就任)です。


大統領は、指揮台へ・・・


大統領は、徒歩で整列した各部隊を閲兵しました。


閲兵後、指揮台に戻る大統領です。真ん中の無帽の方です。



フィジー国軍の軍楽隊のマーチングです。


軍楽隊の演奏に合わせて、「軍旗」を先頭に、軍団の行進も続いてきました。


ご覧のように、フィジー国軍は、先住民のフィジー人のみで構成されてます。
インド系フィジー人は、フィジー国軍に応募できません。何故なら、「移民系の国民には武器は持たせられない」からだそうです。



行進は、まだまだ続きます・・・





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「フィジー・デー(独立記念日)」

フィジーでは、10月10日は、「フィジー・デー」(独立記念日)として祝日となります。
フィジーは、1874年10月から英国植民地となりましたが、96年後の、1970年10月10日に、英国から、念願の独立を果たしました。
今年で、47回目「フィジー・デー」を迎え、独立後初めて、ナンディ町プリンス・チャールズ公園で、フィジー・デー記念式典 2017」(Fiji Day Celebration 2017)が開催されました。


フィジーの国旗を、ボンネットに張り付けて走る車、ちなみにトヨタ車です。


ナンディ・タウンの手前で渋滞して停車中の車相手に、フィジーの小さな国旗を売ってる方です。彼は、「フィジー・デー」デザインのシャツを着てます。


フィジーでは、毎年の「フィジー・デー」に国旗を模した「フィジー・デー・シャツ」を着る習慣があります。今年のデザインの「フィジー・デー・シャツ」各種を,
ショーウインドーに飾ってるお店です。


ナンディ・タウンの大型免税店「タプー」の店員さんたちが、「フィジー・デー・シャツ」を着て、フィジーの国旗を広げて、観光客と記念撮影をしてました。


フィジー国軍の軍楽隊のパレードに間に合うつもりで、ナンディ・タウンへ行ったのですが、メインの通りは、閑散としてました。
交通整理中のおまわりさんに聞くと、「パレードはとっくに通り過ぎて、グラウンドに行ったよ。」と言われましたので、露地からグラウンドに向かう途中で、「フィジー・デー・シャツ」を着て、国旗を掲げた”こわもて”の二人組に会ったので、写真を撮らせてもらいました。



グラウンドの一般席はすでに「フィジー・デー・シャツ」を着た人たちで、ほぼ満席でした。


右端の空いたエリアには、各学校の団体が続々と入場してました。


「ナンディ・ムスリム・カレッジ」の看板も・・・


仮設の接待所にいた、勲章を沢山吊るした礼装の、多分、接待係りの上級軍曹さんたちです。
「ニイハオ」かと聞かれたので、「こんにちは!」と言って、日本人ですと答えました(笑)


スタンドから見て、右奥の「軍用車」です。


礼砲を撃つための、「カノン砲」?、合計4門が、すでに配置されてました。


外野の土手もだんだんと観客で、埋まってきました。


外野側から見た、スタンド席です。すでに満席以上に観客が見えます。


結局、写真をなるべく正面から撮りたかったので、スタンドに何とか戻り、一番下の段に座り込みました。しかし、カンカンと南国の日差しが降り注ぎ、大変暑かったです。
目の上を横切りながら、続々と入ってくる女の子たちです。全員が「フィジー・デー・シャツ」を着こんでます。


小さな子供たちも、「フィジー・デー・シャツ」を着ています。


やっと、礼装の軍服を着けた、「フィジー国軍」の軍団が入場行進でグラウンドに・・・



次に続きます・・・

















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「平日のナタンドラ海岸」

遠くに見える建物群は、「インターコンチネンタル・フィジー」です。














平日のナタンドラ海岸に遊びに行ってきました。


インターコンチネンタルホテルの反対側の海岸には、ほとんど人影もなく、時々、乗馬サービスのお客さんが通り過ぎるくらいです。


丁度、満ち潮が始まるところで、段々と波が出てきました。


波が出てきた頃、地元の若者たちが、遊びに来ました。



「ナタンドラ海岸」は、「ビチレブ島(本島)で、最も美しいビーチ」と呼ばれ、「世界の美しいビーチ・10選」にも選ばれたこともある、世界的にも有名な海岸です。


他に、ほとんどお客さんがいなかったので、「乗馬サービス」と「ココナッツ・ジュース販売」、「オイルマッサージ」の客引きが頻繁に訪れました(笑)




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村