南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「バ町へ、日帰り旅行」3


町を一回りして、最初の商店街へ・・・駐車場に、日本の塗装のままのタクシーがあります。


ここはタクシー専用の駐車場みたいです。


見事に調和の取れてない商店街ビルです。お店の種類もバラバラです。屋上には、衛星TV受信のための大きなパラボラアンテナが立ってます。
1階のレストランは、真裏のバスセンター側からも入れる構造です。


商店街とバスセンターの中間にある、見事な樹木の公園です。木陰のベンチに沢山の方々が涼んでます。


バスセンターの奥に位置する、バ・タウン公設市場です。





ナンディやラウトカの公設市場と雰囲気は少し違うようです。特に建物が質素な作りですね。


フィジー産の新ショウガが売られてました。左の緑色の塊は、ジャック・フルーツです。


パイナップルとカット・パインのお店です。ここでカット・パインを買って食べました。
完熟なので、とても甘くて美味しいです。皮を上手に剥いて半分にしたものが、1個 1FJD(約60円)です。


市場とは別棟で、休憩所みたいな建物があり、沢山の方々が休憩や食事をされてました。




市場のさらに奥の、コミュニティ・センターに、数百人の方々が長い列を作っていました。
理由を聞いてみると、昨年2月の、トロピカル・サイクロン「ウエスティン」により被害を受けた住宅への政府から補償が、やっと1年過ぎて支払われるので、それの受付だと言うことです。
政府委託の業者が、被害家屋を調査して、7000FJD(約42万円)を上限の査定をして、その金額の資材購買カード(現金支給でなく、修繕資材を購入できるカード)を、支給するとのことです。


ここには、インド系住民だけでなく、多くのフィジアンたちも列に並んでいました。暑い中ご苦労様です・・・


町中に、人通りが少ないのに納得もしました(笑)


コミュニティ・センターから、町はずれの、サトウキビ製糖工場が望めます。
現在は、サトウキビの刈り入れ前なので稼働してません。次の刈り入れは、6月頃からだそうです。(サトウキビの刈り入れは、約6か月間続くそうです)


南太平洋の不思議な雰囲気のインド人の町、「バ町」は、19世紀の英国植民地時代に、インド本国から投資家たちが入植し、主にハードウェア関係の創業の地で、大富豪の方々の豪邸があることでも有名です。
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「バ町へ、日帰り旅行」2

ラウトカ市から、キングス・ロード(国道)を時計回りに、緑豊かなサトウキビ畑の中を北上し、最初の大きな川、バ川を渡るとバ(Ba)の町に出ます。
ビチレブ島北部最大の町でもあります。ラウトカから、約37km、車で約1時間の道のりです。
サトウキビ産業に支えられ、インド人たちにより作られた町で、大きなモスクが町の中心にそびえ、インド料理の香辛料やスイートを販売するお店があちこちにあり、商店からはインド音楽が流れ、町が発散するニオイや雰囲気は、典型的なインド人の町みたいです。


バスセンターとは、背中合わせの商店街です。


スーパーマーケット「ニュー・ワールド」の看板も見えます。


最初の商店街の切れるところです。イスラム教徒の女性が歩いていました。


すぐそばに、大きなモスク(イスラムの礼拝堂)がありました。


モスクを左側から見たところです。


モスクの側をさらに進むと、大きなロータリーがあり、そのそばに不思議な形の建物が見えてます。


実は、サッカーボールを大きくしたような建物で中に部屋もあります。
フィジーの国技に近いのは、7人制ラグビーですが、プレイヤーはフィジアンのみです。そこで、インド系に人気なのはサッカーで、実は、バ町のチームが、フィジーで最強チームなので、その象徴と言った建物でしょうね。


大きなロータリーから奥に、V字型に、二方向に商店街が伸びてます。正面のビルは、フィジーでも大手のインド系宝飾店「アニタ」(Anita)の店舗です。


左側に入るあたりです。トヨタのプリウスが駐車してます。今、フィジーでは、プリウスが大人気です。もちろんメインは中古車で、5年落ちクラスが多いです。


インド系雑貨屋です。左のショーウインドーには、ヒンドゥー教系の飾り物が展示されてます。


インド人女性のサリーのお店です。


インド系宝飾店です。


右側にも、インド系宝飾店がありました。
実は、を東に山側に入ったところに、フィジー語で「金の石」という意味を持つ「バツコウラ」(Vatukoula)という町があり、フィジー唯一の金鉱山の町です。産出量はそれほど多くはありませんが、現在も採掘が続いています。


その関係もあり、バ町が、インド系貴金属商の一番多い町です。


上の写真の、右端にもインド系宝飾店が・・・この界隈だけでも、4~5軒の宝飾店が発見できます。



道路は意外と広く、5~600m先まで商店街が続いているようです。ほとんどが歴史を感じさせられるような古い建物みたいです。


バの中心地は、全然計画性が見られず、あちこちに広がっています。時代とともに、少しづつ建設され大きくなった感じの町並みですね。


大きな町と言っても、多分、人口2万人を下回るくらいですから、この時間帯、人通りは少ないです。



また次に続きます・・・





















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「バ町へ、日帰り旅行」

昨日、バ町に用事が出来たので、路線バスを乗り継いで、日帰りで出かけました。


ナンディ町から路線バスで北に約1時間(約22km)で、フィジー第2の都市ラウトカ市(人口約4万5000人)です。
ラウトカ市から、さらに北に、約37kmで、バ町(Ba Town)に到着です。


ラウトカ~ナンディ経由~首都のスバ間の国道が、「クイーンズ・ロード」で、ラウトカから時計回りで、スバまでの国道が、「キングス・ロード」と呼ばれています。


我が家の近くのバス停から、ラウトカ行きの路線バスで、まずラウトカ市に行きました。片道、大人1人、2.40FJD(約144円)です。

ラウトカ漁港の先の、ラウトカ港の岸壁に、クルーズ・シップ(豪華客船)の姿が見えてきました。


10階立てのビルに匹敵するような、大きな客船です。船名を見ると、アメリカの「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」(Voyager of The Seas)、総トン数13万7千トンで、最大旅客数、約3800人の世界周航の豪華客船でした。


ラウトカ市内は、「ボイジャー号」から上陸した乗船客たちで、大変混雑してました。
ラウトカのバス・センターで、約30分の待ち合わせで、ラウトカ~バ間、ノンストップの急行中型バスに乗車しました。バス代は、大人1人、2FJD(約120円)です。
写真の少年が、大声で案内してました。



市内を出ると、左右はどこまでも広がる、サトウキビ畑です。


半島の丘を越えると、海が見えてきました。


途中で見かけた学校も、広大なグラウンドを有してます。


かなり川幅の広いバ川の橋を越えれば、バ町です。この川も時々、氾濫します。


何とも牧歌的な雰囲気の、国道側の「バ町」への、入口の看板です。ここまで、バスは飛ばしに飛ばして、約40分かかりました。


バ町の中心街にある、地球儀を掲げた、モニュメントらしきものです。


モニュメントの側の交番らしい建物ですが、中には誰もいませんでした(笑)


バ町の、バスセンターに到着です。ラウトカを出て、約37kmを、約45分間で走りました。


バスセンターの側のタクシーと1トン車の駐車場です。右奥の大きな赤い屋根が、「バ・タウン公設市場」です。


朝9時に、我が家の近くのバス停で路線バスに乗って、ラウトカで乗り継ぎ、バ町到着が、午前11時30分ごろでした。



次に続きます・・・









にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村