南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「バ町へ、日帰り旅行」2

ラウトカ市から、キングス・ロード(国道)を時計回りに、緑豊かなサトウキビ畑の中を北上し、最初の大きな川、バ川を渡るとバ(Ba)の町に出ます。
ビチレブ島北部最大の町でもあります。ラウトカから、約37km、車で約1時間の道のりです。
サトウキビ産業に支えられ、インド人たちにより作られた町で、大きなモスクが町の中心にそびえ、インド料理の香辛料やスイートを販売するお店があちこちにあり、商店からはインド音楽が流れ、町が発散するニオイや雰囲気は、典型的なインド人の町みたいです。


バスセンターとは、背中合わせの商店街です。


スーパーマーケット「ニュー・ワールド」の看板も見えます。


最初の商店街の切れるところです。イスラム教徒の女性が歩いていました。


すぐそばに、大きなモスク(イスラムの礼拝堂)がありました。


モスクを左側から見たところです。


モスクの側をさらに進むと、大きなロータリーがあり、そのそばに不思議な形の建物が見えてます。


実は、サッカーボールを大きくしたような建物で中に部屋もあります。
フィジーの国技に近いのは、7人制ラグビーですが、プレイヤーはフィジアンのみです。そこで、インド系に人気なのはサッカーで、実は、バ町のチームが、フィジーで最強チームなので、その象徴と言った建物でしょうね。


大きなロータリーから奥に、V字型に、二方向に商店街が伸びてます。正面のビルは、フィジーでも大手のインド系宝飾店「アニタ」(Anita)の店舗です。


左側に入るあたりです。トヨタのプリウスが駐車してます。今、フィジーでは、プリウスが大人気です。もちろんメインは中古車で、5年落ちクラスが多いです。


インド系雑貨屋です。左のショーウインドーには、ヒンドゥー教系の飾り物が展示されてます。


インド人女性のサリーのお店です。


インド系宝飾店です。


右側にも、インド系宝飾店がありました。
実は、を東に山側に入ったところに、フィジー語で「金の石」という意味を持つ「バツコウラ」(Vatukoula)という町があり、フィジー唯一の金鉱山の町です。産出量はそれほど多くはありませんが、現在も採掘が続いています。


その関係もあり、バ町が、インド系貴金属商の一番多い町です。


上の写真の、右端にもインド系宝飾店が・・・この界隈だけでも、4~5軒の宝飾店が発見できます。



道路は意外と広く、5~600m先まで商店街が続いているようです。ほとんどが歴史を感じさせられるような古い建物みたいです。


バの中心地は、全然計画性が見られず、あちこちに広がっています。時代とともに、少しづつ建設され大きくなった感じの町並みですね。


大きな町と言っても、多分、人口2万人を下回るくらいですから、この時間帯、人通りは少ないです。



また次に続きます・・・





















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「バ町へ、日帰り旅行」

昨日、バ町に用事が出来たので、路線バスを乗り継いで、日帰りで出かけました。


ナンディ町から路線バスで北に約1時間(約22km)で、フィジー第2の都市ラウトカ市(人口約4万5000人)です。
ラウトカ市から、さらに北に、約37kmで、バ町(Ba Town)に到着です。


ラウトカ~ナンディ経由~首都のスバ間の国道が、「クイーンズ・ロード」で、ラウトカから時計回りで、スバまでの国道が、「キングス・ロード」と呼ばれています。


我が家の近くのバス停から、ラウトカ行きの路線バスで、まずラウトカ市に行きました。片道、大人1人、2.40FJD(約144円)です。

ラウトカ漁港の先の、ラウトカ港の岸壁に、クルーズ・シップ(豪華客船)の姿が見えてきました。


10階立てのビルに匹敵するような、大きな客船です。船名を見ると、アメリカの「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」(Voyager of The Seas)、総トン数13万7千トンで、最大旅客数、約3800人の世界周航の豪華客船でした。


ラウトカ市内は、「ボイジャー号」から上陸した乗船客たちで、大変混雑してました。
ラウトカのバス・センターで、約30分の待ち合わせで、ラウトカ~バ間、ノンストップの急行中型バスに乗車しました。バス代は、大人1人、2FJD(約120円)です。
写真の少年が、大声で案内してました。



市内を出ると、左右はどこまでも広がる、サトウキビ畑です。


半島の丘を越えると、海が見えてきました。


途中で見かけた学校も、広大なグラウンドを有してます。


かなり川幅の広いバ川の橋を越えれば、バ町です。この川も時々、氾濫します。


何とも牧歌的な雰囲気の、国道側の「バ町」への、入口の看板です。ここまで、バスは飛ばしに飛ばして、約40分かかりました。


バ町の中心街にある、地球儀を掲げた、モニュメントらしきものです。


モニュメントの側の交番らしい建物ですが、中には誰もいませんでした(笑)


バ町の、バスセンターに到着です。ラウトカを出て、約37kmを、約45分間で走りました。


バスセンターの側のタクシーと1トン車の駐車場です。右奥の大きな赤い屋根が、「バ・タウン公設市場」です。


朝9時に、我が家の近くのバス停で路線バスに乗って、ラウトカで乗り継ぎ、バ町到着が、午前11時30分ごろでした。



次に続きます・・・









にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「フィジアン方式のグアバ・ジャム」

グアバのシーズンも、そろそろ終了なので、フィジー人家庭の伝統的なレシピで、「グアバ・ジャム」の作り収めをしました。


フィジー産の完熟グアバ、約2.8kg、4FJD(約240円)です。


シンクの中で、何度も水洗いします。


皮はそのままで、実の上下を切り落とし、4つ切りにします。綺麗なピンク色の果肉です。


この状態で、約2.5kgになりました。


煮込み用の鍋に入れて、ひたひたになるまで水を加えます。今回は、2L分の水量です。


蓋をして、煮込み開始です。


最初は強火で、沸騰してきたら、弱火で煮込みます。


約1時間、煮込んだ状態です。


濾して、水分と果肉を分けます。まだ十分に美味しそうな色を残してますが、果肉は捨てます。


濾した水分を計量します。今回、約1.7L でした。


使用するフィジー産ブラウン・シュガーです。2kg、3.27FJD(約196円)です。


フィジアン方式の場合、水分と同容量の砂糖を使用します。
ブラウン・シュガー1.7Lで、約1.5kg(約147円)分になりました。


別の鍋に、水分1.7L ブラウン・シュガー1.7L を加えて、かき混ぜて砂糖を溶かします。
フィジー産ブラウン・シュガーは、多少不純物が混じっているので、ネットでふるって使用します。


弱火で、焦げないように木べらで攪拌しながら、約2時間、煮詰めて、攪拌するとこのように吹きあがるように、泡立つころが出来上がりです。
途中、浮いてきたアクを、何度も取り除きます。
1時間30分過ぎたころ、ローカルレモン果汁を、約100cc加えてます。


事前に洗って準備していた、中古のトマトソースのガラス瓶に、熱いままのジャムを充填して、すぐに熱湯の中で約15分、加熱消毒脱気処理を行います。


結局、完成量、合計1.65kgのジャムになりました。
原料費は、合計、約400円です。
容量、300mlのジャムボトルを使用すると、5本分になります。


透明感のある、綺麗なルビー色の、「フィジアン方式のグアバ・ジャム」が出来上がりました。



マーケットなどで、販売されてる、フィジアンの自家製グアバ・ジャムは、多分、煮込み半分、煮詰め半分くらいなので、かなり流動的な感じです。「グアバ・ジェリー」と表示されてるボトルもあります。


どちらにしても、水分量と同量のブラウン・シュガーを使用しますので、大変甘いジャムです。


私は、折角ですから、グアバの果肉を、なるべく残す方法で、ジャムにしてますが、嫁を含めて我が家のフィジアンの女性は、食べなれてるせいか、このフィジアン方式のグアバジャムが大好きです。

































にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村