南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「日本大使館主催の新年懇親会」

先週土曜日(21日)に、スバの日本大使館主催で、主に在留邦人対象(大使館に在留届を出している方々には、事前にメールでお知らせが届きます。)、フィジーの各地で活躍中のJICA隊員さんたちの、2017年の「新年懇親会」が、日本大使公邸で開催されました。


配偶者が外国人でも一緒に参加できますが、お子さんは中学生以上です。


ナンディ在住の日本人の友人と、彼の車でスバまでドライブがてら、出席しました。



国道の途中にある、トイレ休憩も出来る、「バラビ」(Baravi)と言うお土産屋さんです。


中国人観光客対象の「チャイニーズ・ニューイヤー」の横幕と赤いぼんぼりが飾られ、入口の上に「BROWSE IN PEACE」の看板も新設されてました。
日本語に訳せば、「店内では静かに商品を見てください」ですか。


多分、中国人観光客向けの注意書きだと思いますが、それなら英語で表記せず中国語で表記すべきと、私は思いました(笑)


店内は思ったより広く、一通りのお土産が展示販売されてます。


入口入って、すぐ右側に各種飲み物やコーヒー、ケーキ、アイスクリームが販売カウンターがあります。


いよいよ、スバの一等地に位置する、日本大使公邸の大広間です。
金屏風を背景に、日本とフィジーの国旗が飾られ、鏡開き用の「月桂冠」の樽酒が用意されてます。


今、日本で色々と話題を提供されておられる「今上天皇と皇后」のお写真も飾られてます。


次の間に、用意されたご馳走の数々・・・


お正月のおせち料理です。数の子、かまぼこ、高野豆腐など・・・


多分、フィジー産のロブスター(日本の伊勢海老とほぼ同種類では)と南太平洋のマグロのお刺身です。


豚肉とゆで卵の角煮です。


ぶつ切り蛸のさくら煮です。(蛸と小豆を煮込んだそうです)


豚のモツ煮?、味は最高です。


トロピカル・フルーツ盛り合わせです。


デザートのケーキ類です。


ベランダでは、焼き鳥のコーナーも・・・


写真以外にも、筑前煮、お雑煮などと盛りだくさんの料理がありました。



日本大使公邸敷地内は、昨今の世界事情と警備上の理由により写真撮影は原則禁止されてます。


昨年より、大広間内の料理等と許可を得た場所の撮影はOKになりました。


フィジーには、JICA(国際協力機構)のシニア隊員と青年海外協力隊の若いボランティア隊員さんたちが、約50名ほどおられて、フィジーの各地で活躍されてます。
毎年恒例の「新年懇親会」には、JICAの関係者及び隊員さんたちと、在留邦人の方々が出席され、日本のおせち料理やその他日本料理を味わいながら交流の輪を広げています。


日本の若いボランティアの隊員さんたちの活躍を目の前にすると、心和む思いでいっぱいになりました。


美味しい料理でも、お腹が一杯になり、デザートやフルーツまで手が出せませんでした(笑)


スバの日本大使館の関係者の皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「ナンディ・タウンの昼火災」

今日の午前10時過ぎ、ローカルバスでナンディ・タウンへ買い物に出かけました。
バスに乗車してすぐ、タウン方向に黒い煙が、空高く上がっているのが望めました。
上の写真は、バスの運転手が道路情報を携帯で得て、バイパスに迂回してタウン方向に走行中に撮った写真です。


ナンディ・タウンに入る、ナンディ川の橋のすぐ手前からの黒煙の写真です。


バスを降りて、ナンディ・タウンへ。お土産屋「ジャックス」の斜め後ろから黒煙が上がってました。
正面の、赤いぼんぼりを飾った建物が、「ジャックス」ナンディ・タウン店です。


火災現場は、「ジャックス」の真後ろの路地を入ったところでした。吹き出す炎も見えます。




さらに裏側に回り込むと、すでに多くのやじ馬が、見学してました。




写真の、左のジャックスの倉庫から出火し、右側の縫製工場に延焼中です。


延焼中の、縫製工場に併設された、従業員住宅(手前の平屋部分)から家財道具を運び出してる方々。


シンガポール・レストラン「ビクトリア・アップル」前で、やじ馬を規制中の白バイ警官です。



ついにナンディ国際空港の、大型消防自動車も応援に駆けつけました。


幸運にも風も強くなく、他の建物への延焼は食い止められてる様子です。
やじ馬ものんびりと見学中です。


ナンディ・タウンは、道路封鎖され送電も停止されたので、ほとんどのお店が閉店してました。


お店越しに、まだ煙が上がってます。



フィジーでも時々、消防車がサイレンを鳴らして走ってるのを見かけますが、ナンディ・タウンのような繁華街で、昼火災に遭遇したのは初めてです。


人的な被害が発生したかは、この時点では分かりませんが・・・


近くの方の話によると、朝から出火元の倉庫内で、溶接工事が始まっていたので、その火花が可燃性の商品に引火したのではと言ってました。



「皆様、お互いに、火の用心に心がけましょう。」











にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 「大黒のお正月特別弁当」

本格的日本料理の「大黒」(DAIKOKU)は、南太平洋一帯に店舗を展開しています。


お寿司、鉄板焼きを中心に、お刺身、天ぷら、酢の物やその他一品ものまで、日本と変わらない豊富なメニューが揃っています。


今のところ、フィジーには、スバナンディ(マーチンタール)に店舗がありますが、特にナンディ店は、日本から全ての建設資材を運びこみ、日本人の熟練大工によって、2007年に、完成しました。


独立した本格的日本家屋で、堂々たる威容を誇っています。


正面玄関を入ったすぐの所にある、受付カウンターです。
常に、地元のスタッフが、笑顔でお客様をお迎えします。


受付カウンター奥の、「寿司カウンター」です。


お寿司のネタも、すでに準備されています。


受付の右奥が、アラカルトの料理が楽しめる、1階の広いテーブル席です。
天井の梁や柱には、堂々たる日本の高級木材がふんだんに使用されています。


今日のお目当ての、本日限定「お正月特別弁当」のサインボードと料理見本です。
「Happy New Year Special Doki Doki Lunch」18.50FJD (約1,110円)と書かれてます。


おせち風の色々な料理が、お弁当に綺麗に盛られてます。ご飯は、ちらし寿司です。


お雑煮です。


去年のお正月は、「一休」のお正月特別弁当を味わっただけですが、今年は、3日の「一休の新春膳」と、今日、5日の「大黒のお正月特別弁当」と2日にわたり、日本のお正月おせち料理を楽しむことが出来ました(笑)


ちなみに、「大黒」の、2階は「鉄板焼きテーブル席」になっていて、夕方からの営業となってます。地元産のロブスターを使用した「鉄板焼きコース」が、主に観光客たちに大人気です。
わざわざ、デナラウからタクシーでお客さんたちが来られてます。


「大黒」のゲートの正面が、昨年2月に、大型サイクロンの直後に新規開店した、「バーガーキング」の店舗です。



私は年金生活の身分ですので、なかなか外食の機会を持てませんが、お正月くらい「日本の伝統料理」を、今後とも味わっていきたいと思ってますが・・・











にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村