南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「今日の、ナタンドラビーチ」

本日、日本からのお客様を、ナンディ国際空港から、車で約45分、シンガトカ方向(南に向かって)に走ったところに位置する、「ナタンドラビーチ」に、ご案内しました。


もともと、「ナタンドラビーチ」は、ビチレブ島(本島)で最も美しいビーチと呼ばれていて、「世界の美しいビーチ10選」に選ばれたり、2008年「フォーブス」誌の「世界のビーチ上位25選」にもランクインしました。


以前は、小さなゲストハウスやプチリゾートがあるだけでしたが、2009年に世界的ホテルチェーンの、5スターホテル「インターコンチネンタル フィジー」がオープンし、ゴルフ場も併設されました。






このように美しい海岸線です。


左奥に見えている建物が、「インターコンチネンタル」の一部です。


丁度、引き潮の時間帯だったので、インターコンチネンタル側は、海岸に取り残された海藻が沢山溜まっていました。
この海藻は、時期的な関係で海岸まで、打ち寄せられるのでは・・・


ホテルの手前にある、手作りの小屋は、マッサージなどを営業してます。


インターコンチネンタルの側に繋がれてる、観光乗馬用の馬さんたちです。


丁度こんな感じで、乗馬体験が出来ます。
乗馬料金は、午前中は高くて、午後になるほど割引の値段になります。


海岸側から眺めた、正式名称「インターコンチネンタル フィジー ゴルフ・リゾート&スパ」(InterContinental Fiji Golf Resort & Spa)のレセプション棟です。
受付カウンターは、2階フロアーにあります。


同じく、宿泊棟です。


ホテル前の、引き潮の海岸で遊ぶ、観光客たちです。


ホテルの奥の河口は、ホテル付のダイビングボートなどの発着場です。奥に見える海岸は、ナボ島(Navo)です。




上の3枚は、インターコンチネンタルの北側に昨年、地元の観光会社がオープンさせた、3.5スターホテルの「ヤツレ リゾート&スパ」(Yatule Resort & Spa)です。海岸にそってブレが並んでます。


「ナタンドラビーチ」は、近年、新しいリゾートエリアとして注目を集めて来ていますが、私としては、ホテルなどほとんどなく美しい白い砂浜だけの頃が、懐かしいです。


それと、ブログを始めて、「フィジーの歴史」をテーマとして書き始めたとき、最初の「黎明期」で、ナタンドラビーチ側のツヴァ川の河口で、発見された貝塚遺跡の発掘調査により、フィジーの考古学上最も古い時代(約3300年前)の人骨や土器などが発掘されたことを知りましたので、その後、ここに来るたびにフィジーの太古の息吹を感じるような気がします。








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。