南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「ディワリ・2017」2

10月19日(木)は、フィジーでは、「ディワリ」の祝日でした。


私の嫁さんの親戚のお宅に、以前より招待されてましたので、夕方に訪問しました。


場所は、ナンディからラウトカに向かって国道を北上したブンダ(Vuda)地区で、ブンダ・ポイントの手前の小高い丘の上のお宅でした。眼下に、ナンディ湾が見下ろせます。


ナンディ方向の丘の中腹にある、フィジーの電力会社、「FEA」 「ブンダ・パワー・ステーション」(ディーゼルエンジンの発電所)が、すぐ下に見えてました。


丁度、夕日が、親戚のお家の向こう側、ナンディ湾方向に傾いてました。


暗くなると、こんな感じで電飾が飾られてました。


午後7時頃から、ヒンドゥー教式の祭壇の前で、「ディワリ」の礼拝が始まりました。



長い礼拝の後、お供え物が、参列者にも分け与えられました。


このお宅の、ヒンドゥー教式の祭壇です。


インディアン・スイーツが、参列者に振舞われました。


その後、同じ敷地内に隣接して建つ、弟さんのお宅にご挨拶に・・・
ご家族の集合写真を、1枚撮りました。


こちらが、弟さんのお宅の、祭壇です。家庭ごとに色々な飾り方があるみたいです。


礼拝の時に灯された、ココナッツ・オイルのランプが、庭の祭壇場に置かれてました。



もとのお宅に戻ると、テーブルの上に、インディアン・スイートと果物などが供されてました。
ジュースを飲みながら、少しづつ食しました。


すっかり暗くなった庭で、恒例の花火大会が始まりました。



次から次に、このお宅のご親戚や友人家族が集まって来られました。



深夜まで、各種の花火が披露され、子供たちもインディアン・スイートを食べながら、大騒ぎで走り回ってました。


ここから眺めた、ナンディ地区も、あちこちで打ち上げ花火が上げられてました。


結局、午前12時を過ぎたころに、ベジタリアン・カリーを頂きました。この期間中は、肉類は食べられない決まりで、ベジタリアン・メニューばかりだそうです。


フィジーに住んでると、キリスト教のお祭りやお祝い、ヒンドゥー教のお祭り、イスラム教のお祭りなどと、多民族国家ならではの多国的な「お祭り」が、年間を通じて楽しめます。





















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。