南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」

マリオット・インターナショナル(本社 米国 メリーランド州)は、旗艦ブランドである、『マリオット・ホテル』の、フィジー初上陸となる「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」(Fiji Marriott Resort Momi Bay)を、2017年4月1日に、オープンしました。
このホテルは、南太平洋に浮かぶフィジー本島(ビチレブ島)の西海岸、モミ湾(ナンディ国際空港から、約38km)に位置してます。
モミ湾の、静かなビーチと豊かな自然環境に囲まれて、人工環礁(ラグーン)を中心にした、フィジー本島では初となる水上ヴィラを有する、エキゾチックな大型リゾートです。


今日でオープンして、まだ2週間とちょっとですが、見学がてら訪問しました。
入口の、セキュリティ・ブレのスタッフに、「昼食に来ました!」と告げて、入れてもらいました(笑)

ホテルの第二駐車場です。奥に見える建物は、イベント棟の「Grand Salon Ballroom」です。この先に、第一駐車場もあるそうですが、満車で、ここも1台分の空きしかありませんでした。


ホテルの案内板です。


イベント棟を、海側から眺めた写真です。最高400名収容の会議場になるそうです。


イベント棟から、海側に歩きます。左奥に海岸線が見えてます。


第一駐車場を過ぎると、宿泊棟の一部が見えてきました。


ホテルのエントランスです。タクシーや送迎車で来ると、ここで下車できます。


玄関を入ったすぐ左に、「コンシェルジュ・デスク」があります。ロビーのすぐ右側はラグーンです。


ロビーから眺めた、ラグーンに張り出した、メインレストラン「Goji Kitchen & Bar」(アジアフュージョン料理)です。


ロビーの壁の上部に、設置された不思議なデザインの飾り窓です。ここの代表的なデザインと思いますが、意味は聞き忘れました。


「コンシェルジュ・デスク」のすぐ奥が、ホテルの「チェックインカウンター」です。
ちなみに今日は、満室だそうです。イースター・サンデーで、海外からのお客さんだけでなく、地元の宿泊客も多いそうです。


「チェックインカウンター」の正面の、ソファーセットです。


地元の観光会社「ロージー・ホリディズ」(Rosie Holidas)の「ツアー・デスク」です。


有名お土産屋の「ジャックス」(jack's)のお店ですが、南洋の黒真珠や貴金属などと高級お土産のみの販売です。


「Fiji Baking Company」(デリカテッセン)の、注文カウンターです。


ロビー棟の一番奥に設けられた、サロンです。この木造で涼しそうな高い屋根構造が、このホテルの基本的なデザインです。



まだまだ、見学は続きます・・・







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。