南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」2

サロンの側から眺めた、ラグーンを囲む半島の上の、「ヴィラ」です。この辺が、ラグーンの最深部にあたります。


サロンから正面の、「ヴィラ」です。


人工環礁に建てられた、この「水上ヴィラ」が、このホテルの最大の売りです。


「水上ヴィラ」の空撮写真です。(この写真は、ネットの画像を拝借しました。)


「Lagoon House & Bar」(地中海料理)と白いパラソルのあるプールの眺めです。


ラグーン側から眺めた、メインレストラン「goji Kitchen & Bar」です。


「goji」の入り口の看板です。


同じく、店内の様子です。


ラグーンの陸側に建てられた、ホテル棟です。


「Lagoon House」手前の、ビーチバレーコートです。


「Lagoon House & Bar」の店内の様子です。


同じく店内から、水上ヴィラの眺めです。




「Lagoon House」に隣接してプールがあり、「プールバー」も設置されてます。


「Lagoon House」で、昼食休憩しました。
写真は、「BLT CIABATTA」(ベーコン、レタス、トマトのサンドイッチ)28FJD(約1680円)で、カプチーノは、1杯 8FJD(約480円)です。
さすが、5スターホテルのお値段です(笑)


昼食後、エントランスを通り、帰路につきました。


「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」は、20ヘクタールの人工環礁(ラグーン)を囲んで、114棟のヴィラ(20棟の水上ヴィラを含む)と136室のデラックスルーム、合計250室の大型リゾートです。



元々、モミ湾開発は、20数年前に海外資本で始められましたが、フィジー特有の諸問題でとん挫し、2002年からは、フィジー全国共済基金(FNPF)が、モミ湾リゾートホテル建設計画として推進してきました。最初に、人工環礁(ラグーン)が、造成されました。
しかし、資金の融資元のニュージーランドの金融機関の破たんなどで遅れて、2014年にやっと、「マリオット・ホテル」進出決定で、その後、建設が順調に進んでいました。
FNPFからも、資金提供して、国家的プロジェクトの意味合いもあると思いますが、ホテル運営に伴う地元雇用は、1000人規模で発生しますので、十分に意義ある事業ではないかと思います。













にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。