南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

「ブラ・フェスティバル・Baby Show 2017」

今日の午前8時から、ナンディ・タウンの「シビックセンター」で、「Johnson & Johnson Baby Show 2017」が開催されるということで行ってみました。


入り口の受付テーブルで、出場希望の「赤ちゃん」は、生後何か月かを言って、名前を登録し、出場料を支払います。
写真の赤ちゃんは、生後3か月とチョットで、2.50FJD(約150円)払って、カテゴリーA(3ヶ月~6ヶ月)に登録したそうです。


9時30分頃で、空席はほんの少しでした。正面の舞台の下に看護婦さんたちが待機してました。


多民族国家のフィジーらしく、色々な肌の色の「赤ちゃん」たちが集合しています。


受付時の番号カードの順番で、カテゴリー別(カテゴリーA~Dまで、4段階)の正面テーブルの上で「赤ちゃん」審査が、看護婦さんたちの手で行われます。おむつの中まで覗かれていました。多分あせも、肌荒れなどのチェックでは?
一応、「赤ちゃんコンテスト」だそうですが、容姿だけでなく、育児記録や健康度合いまで、日本の母子手帳みたいな、「育児記録簿」の記録もチェックされてるようでした。
ちなみに、カテゴリーDは、12~36ヶ月までです。


10時半ごろ、「ブラ・クイーン・コンテスト」の参加者の女性たちの登場です。


「ミスコン」出場者の女性たちの紹介です。


この頃になると、会場はほぼ満席状態です。
2歳前後のお子さんたちは、綺麗なドレスでお洒落していました。






「ミスコン」の綺麗なお姉さんたちが、客席で赤ちゃんたちを抱き上げて、家族と記念撮影会です。


その後、いよいよカテゴリー別に、1等から3等までの受賞した「赤ちゃん」と「お母さん」の発表です。




それぞれ、カテゴリーAからDまで、順番に表彰され、お母さんに、賞状と賞品が手渡されました。


「ミスコン」のお姉さんたちも、ご苦労様でした。



昨年までは、「お祭り広場」と「イベント会場」だけの観賞でしたが、今年は、「赤ちゃんコンテスト」も観賞出来て有意義なひと時を過ごせました。


フィジーは、多民族国家ですが、私の感じるところ全民族の人々が、子供や家族を大事にして、本当に一族の絆が強いように見受けられます。


特に子供たちは、家族だけでなく村や地域でも大事にされているようです。


フィジーの人口は、現在、約87~89万人(正確な統計はなく推測です。国勢調査は10年に一回だったと記憶してますが)と言われていますが、その中で65歳以上は、約3%だそうです。でも、人口は確実に少しづつ増加してます。




















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。