南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「アボカドの水耕栽培」

今年も、「フィジー産のアボカド」のシーズンを迎えましたので、少しずつ買って食べました。

二月の下旬ごろが旬で、写真の「アボカド」が、右の物が、1個 1FJD(約60円)、
左が、2FJD(約120円)でした。


私は、この種類の「アボカド」を買って、2~3日熟させて、食べてました。この実は、約650gで、2FJD(約120円)でした。


実を食べたら、種を水でよく洗い、茶色の薄皮を剥いて、さらに水洗いして、プラスチックのお皿に水を張り、種を上向きに漬けます。
2週間を過ぎるころ、下の種のように、実の割れ目が少しづつ開いてきます。


この種が、2週間くらいで、割れ目から下に根が出てきて、上には若芽が上がってきました。
早速、ペットボトルの再利用で個別に水耕栽培を行います。


上の写真の種の、1週間後です。


根もしっかりと伸び、さらに細かい根も出てきてます。


今日現在で、4個の種から、根が出てきましたので、それぞれペットボトルの水耕栽培容器に入れました。


「アボカド」の水耕栽培は、昨年から始めましたので、今シーズンは要領がよくなりました。
ネット情報によると、種から若芽が出るまで、約1か月と記述されてますが、フィジーは連日、室内でも30℃を超える日が続いたので、約2週間で若芽が出てきました。


この「アボカド」の木は、芽が出て、ちょうど1年目になりました。約180cmの高さまで成長です。


この「アボカド」は、上とほぼ同じ時期ですが、約150cmの高さです。
上の木と少し種類が違ってましたが・・・


後、別の庭に1本植えて、昨年の「アボカド」の種は、3本成長中です。



我が家のアボカドの食べ方は、完熟させてから、実をつぶして、トーストの上にたっぷりと乗せて美味しくいただきます。


今年の「アボカド」が、若木まで育ったら、友人にプレゼントする予定です。
















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。