南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「年末のナンディ・タウン公設市場」

今年もいよいよ、12月30日と押し迫りました。


でも、フィジーにいると、季節感もないので、全然そんな感じはしませんが・・・


ナンディ・タウン公設市場に午前10時ごろ、買い物に行きました。


沢山の買い物客で大変にぎわっていました。両手に買い物を下げて、フィジアンの方が道路を渡ってきました。



土曜日は、歩道まではみ出して「シーフード市」が開店します。


地場の天然黒ナマコが、1皿 10FJD(約600円)です。


小さめのマングローブ蟹が一括り(5~6匹)、50FJD(約3000円)です。


地物の天然車海老、1皿 20FJD(約1200円)です。私は右上の黄色の一皿を購入しました。


同じく車海老を売ってる、フィジアンのご婦人です。


黄色の海藻は、フィジー語で「ルミ」(Lumi)と呼ばれてますが、テングサの一種かなと思います。


こちらのフィジアンのご婦人は、毎日同じ場所でお店を出してます。左から、茹でたシャコガイの切り身茹でた蟹の切り身茹でた大蜆貝揚げた魚の切り身、一番右の白いものは、茹でたキャッサバです。コンテナ物は、1箱 10FJD(約600円)で、キャッサバは、1つ 2FJD(約120円)です。


市場の入り口で、生きたアヒルが体を袋詰めの状態で売られてました。手前の大き目の雄が、1羽 40FJD(約2400円)、奥の小さめのメスが、1羽 18FJD(約1080円)です。



テントを張った、野外の野菜売り場は大混雑です。


「エッグ・プラント」(なす)が、今が旬で安くなってます。1山 50セント(約30円)です。


ササゲも、1束 1FJD(約60円)です。小さめのキュウリも、1山 1FJDです。


フィジー産の大根は、小さいですが、1束 2FJD(約120円)です。




次に続きます・・・






にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。