南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「完熟パイナップルの自家製ジャム」

ナンディ・タウンの公設市場でフィジー産完熟パイナップルの大き目の物が、丸まま皮を剥いて売られてました。
ジャムを作ろうと思い立ち、2個購入しました。茶色の粒粒が綺麗に剥きとられています。職人技ですね。1個、約600gで、5FJD(約300円)です。


上のヘタを切り落とし、芯も含めて小さくカットし、今回はミキサーで粉砕しました。
写真の下半分は、最初の1個目を、先にミキサーにかけてます。(ミキサーを持ち上げて振りながら粉砕してます。)
さらに2個目のパイナップルを入れたところです。


ミキサーでドロドロ状態にしたパイナップルです。重量は、1,060gありました。
この果肉重量の、60%の640gブラウン・シュガーを使用します。


パイナップルの果肉を、煮詰める鍋に入れて、まず300gのブラウン・シュガーローカル・レモン果汁1個分を加えます。よく混ぜ合わせます。


フィジー産ローカルレモンです。今回は、2個分使用しました。


実は、フィジーのブラウン・シュガーは、製糖工場で作られた「粗糖」を地元消費用に売られてますので、多少不純物が残ってます。
一応、ざるで濾して、重量を計って使用します。


ブラウン・シュガーとレモン果汁を加えて攪拌し、約2時間放置した後に、加熱を開始します。
約15分後に、残りのブラウン・シュガーとレモン果汁1個分を追加します。


約1時間、攪拌しながら煮詰めて、このような状態でほぼ出来上がりです。


事前に用意していた、再利用のジャムボトルに出来上がりの、パイナップルジャムを充填し栓をして、約15分の煮沸消毒を施します。最終段階で、密封も。


ブラウン・シュガーを使用するので、多少色が付きますが、透明感のある綺麗な色で出来上がります。


パイナップルの果肉、1,060gブラウン・シュガー、640gを加えて、最終的に、1,104gのパイナップル・ジャムが出来上がりました。
芯もミキサーで粉砕して利用してますので歩留まりは良いですね。



パイナップルには、消化酵素が含まれてますので、ジャムになりにくいのですが、レモン果汁を加えてペーハーを調整してます。


今回は、自家消費用に作りました。フィジー産パイナップルも沢山公設市場に出始めましたが、やはり最盛期の、11月中旬から12月の頃のパイナップルが、私は一番おいしいと思ってます。


しかし、フィジー産パイナップルは、完熟状態で売られてますので、何時の時期も甘くてジューシーで、大変美味しいです。




















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。