南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「ナンディ国際空港出発ロビー棟」

ナンディ国際空港の、大規模改築工事のうち、出発ロビー棟は、ほぼ完成です。


出発ロビー棟の正面です。手前は工事中は、仮囲いされて資材や重機の置き場になってました。


フィジーの海岸の波をイメージさせるように、ゆるくカーブした屋根が特徴です。


歩道に設置された花壇です。


以前は悪天候の場合、車から降りて、雨に濡れながら建物に駆け込んでましたが、今後は天候に関係なく、ゆっくりと降りれます。


車の進入口側の様子です。


以前は、天井が低くて、暗い感じの受付カウンターでしたが、今は建物の中は天井が高く作られ、やっと国際空港らしくなった感じです。



出発ロビー棟に入って、左端に「バイオ・セキュリティー」の窓口に併設された、「付加価値税還付カウンター」です。「免税品」の買い物合計が、500FJD以上の場合、現在の税率9%分の金額が還付されます。ただし、ここでは金額分の小切手みたいな紙が渡されて、出国手続き後、出国ロビーの銀行で現金化(FJD)できます。
ただしこの優遇措置は、「観光ビザ」で入国した旅行者のみの特権です。


前の写真の左側にある、荷物をラップで包装してくれる受付です。右の機械で自動で包装されます。


出国ロビー棟に入って、右端に新設された、「出国ゲート」です。


「出国ゲート」の右側に新設された、免税店「タプー」のお土産屋「フィジー・マーケット」です。




「出国ゲート」の右側は、まだ工事中です。「カフェテリア」が新設予定だそうです。


「到着ロビー棟」は、まだまだ工事が継続中です。1階の奥に新しくなった「入国ゲート」が見えてます。


「自家用ジェット」の駐機エリアです。


「自家用ジェット」のオーナー達から、自家用ジェットの専用の空港ビルを建設してくれと、かなり以前から要望が出されているそうです。
ツアー客たちと一緒に待たされてする出入国手続きなどが、嫌だそうです。


大金持ちは、本当にワガママですね、フィジー政府は、お金が無いのだから「要望を出すより、お金(建設費)を出してくれれば」すぐに建設するのに(笑)


すべての工事の完成が待たれますね・・・







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。