南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「今朝のナンディ・タウン公設市場」

午前7時頃の、ナンディ・タウン公設市場の正面入り口です。


土曜の朝だけ開かれる、シーフードのコーナーです。日本の赤貝に似た貝を売ってます。


こちら側は、魚とナマコなどを・・・


後ろ側は、マングローブ蟹を手作りの籠に入れて売ってますが、1籠、100FJD(約6000円)以上の値段です。


「イール」(うなぎ)と言ってました。結構高いですね(笑)1皿、30FJD(約1800円)です。




市場の建物の外側にも沢山の野菜が、所狭しと並べられて売られてます。多数の買い物客で、混雑しています。


市場の中の様子です。こちらも大変混雑しています。


今が旬の、「カスタード・アップル」です。1皿、2FJD(約120円)です。
正確には、「シュガー・アップル」だと思いますが・・・


同じく、今が旬の、「アボカド」です。左側が、1個、2FJD(約120円)で、右側は、1個、1FJD(約60円)です。


「アボカド」売りの、フィジアンのご婦人たち、写真を撮ってと、頼まれましたので・・・


完熟の「ブレッド・フルーツ」です。1個、2FJD(約120円)です。


ほぼ一年中出ている、「ナス」です。1皿、2FJD(約120円)です。



次に続きます・・・



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。