南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 「大黒のお正月特別弁当」

本格的日本料理の「大黒」(DAIKOKU)は、南太平洋一帯に店舗を展開しています。


お寿司、鉄板焼きを中心に、お刺身、天ぷら、酢の物やその他一品ものまで、日本と変わらない豊富なメニューが揃っています。


今のところ、フィジーには、スバナンディ(マーチンタール)に店舗がありますが、特にナンディ店は、日本から全ての建設資材を運びこみ、日本人の熟練大工によって、2007年に、完成しました。


独立した本格的日本家屋で、堂々たる威容を誇っています。


正面玄関を入ったすぐの所にある、受付カウンターです。
常に、地元のスタッフが、笑顔でお客様をお迎えします。


受付カウンター奥の、「寿司カウンター」です。


お寿司のネタも、すでに準備されています。


受付の右奥が、アラカルトの料理が楽しめる、1階の広いテーブル席です。
天井の梁や柱には、堂々たる日本の高級木材がふんだんに使用されています。


今日のお目当ての、本日限定「お正月特別弁当」のサインボードと料理見本です。
「Happy New Year Special Doki Doki Lunch」18.50FJD (約1,110円)と書かれてます。


おせち風の色々な料理が、お弁当に綺麗に盛られてます。ご飯は、ちらし寿司です。


お雑煮です。


去年のお正月は、「一休」のお正月特別弁当を味わっただけですが、今年は、3日の「一休の新春膳」と、今日、5日の「大黒のお正月特別弁当」と2日にわたり、日本のお正月おせち料理を楽しむことが出来ました(笑)


ちなみに、「大黒」の、2階は「鉄板焼きテーブル席」になっていて、夕方からの営業となってます。地元産のロブスターを使用した「鉄板焼きコース」が、主に観光客たちに大人気です。
わざわざ、デナラウからタクシーでお客さんたちが来られてます。


「大黒」のゲートの正面が、昨年2月に、大型サイクロンの直後に新規開店した、「バーガーキング」の店舗です。



私は年金生活の身分ですので、なかなか外食の機会を持てませんが、お正月くらい「日本の伝統料理」を、今後とも味わっていきたいと思ってますが・・・











にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。