南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活(首都のスバへ日帰り旅行)2

今日待ち合わせの友人が来られるまで、MHCCの周辺の街角の風景を撮影しました。
まだ、朝の10時過ぎごろなのでそれほどの人出はありません。昼過ぎ位から毎日この辺は多くの人々で賑わいます。



MHCCの水路を挟んだ隣の道路はインド人経営の貴金属店の店並みです。写真の3軒のお店もすべて、貴金属店です。
フィジーでは、インドの金装飾品は、9金と22金が主力です。インド系フィジー人はお金が貯まると金の装飾品を購入するそうです。ただし、メッキの品も大量に普通の店で売られているのでちょっと見は区別出来ませんが・・・


上の3枚の写真は、「グランド・パシフィック・ホテル」です。スバ湾を背にして立地してます。


このホテルは、フィジーが英国植民地時代の、1914年に竣工し、華やかな英国文化の香りと当時の上流階級の方々の社交場として一世を風靡したそうです。若かりし頃のエリザベス女王も宿泊されました。

1992年に閉鎖され、この歴史的遺産が放置されて廃墟になっていたのを、2年がかりで大掛かりにリニューアルされ、昨年オープンしました。
本館左右の建物は新たに造られています。ちなみに一番安いお部屋で、1泊、390F$だそうです。


本館は、コロニアル調のデザインで、18世紀の大航海時代を偲ばされます。



ビクトリア・パレードに面して建つ、古くていかめしい感じの行政府(Government Building) は、1939年に建設されたものです。
グランド・パシフィックの斜め前に位置してます。




ナンディに戻るために、スバのシビックセンターの駐車場の海側の道路に作られた、リターンタクシーの乗り場まで来たところです。時間は午後4時前。地元ではウエスタン・タクシー乗り場と言います。
私が次のタクシーの一番客でしたが、2人目が来たところで若いフィジー人の運転手が早く、ラウトカに帰りたいので、1名、30F$ 払ってくれたらすぐに出発するとのことでOKしました。
ただし、道々地元の人々を拾って、バス代程度の小銭を稼ぎながらのドライブでした。



結局、ナンディでは私の家の前まで送ってくれて、午後7時30分頃帰着です。


週に、5~6日位、往復400kmのドライブをする彼らは、それぞれ目的を持って頑張っているみたいです。
私の友人の一人は、フィジー系インド人のタクシードライバーですが、近い将来ニュージランドに、家族で移住するためお金を貯めて、息子たちを先に移住させ、すでにNZ国籍を取らせて家を買い、自分も引退したらすぐにNZに行くと言ってます。












にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活(首都のスバへ日帰り旅行)

6月24日(水曜日)、急な用事で、フィジーの首都のスバへ日帰りで行って来ました。


首都のスバ(Suva)は、本島(ビチレブ島)南東岸に位置して、フィジー第一の港湾都市であると同時に南太平洋最大の都市です。都市人口は、現在19万~20万人と推察されます。
フィジーの行政、商業の中心で、南太平洋大学(USP)があり、周辺の太平洋諸国の学術上の中心でもあります。南太平洋諸国の協議機関、南太平洋フォーラム(SPF) の事務局もあります。


ナンディからスバまでは、道路距離で約200kmあります。
ナンディ国際空港から国内線でスバの郊外のナウソリ空港(小さな空港ですが、一応国際空港です。)
まで、大人1名、120F$(約30分)、ローカル急行バスで、大人1名、18F$(約4時間)、タクシーのメーター走で、約200F$です。


上記の交通手段の他に、「ビチミニ」と呼ばれる、ワゴン車(12~13名乗り、大人1名,18F$)とリターンタクシー利用(1名,25F$) があります。
フィジーではタクシーが通常のメーター走をして目的地でお客を下ろした後、ベースに戻る時にはメーターを使えないと言うルールがあるので、タクシーはバス料金でお客を相乗りさせて走ります。



このルールを逆手に取り、リターンタクシーとして、ラウトカ、ナンディ~スバ間を専門に走っているタクシーです。つまり、4名相乗りさせてスバまで走ります、ただし4名になるまで待ちますが・・・


朝早くから、ナンディ・タウンのバス乗り場の横の待機場所でお客を待っているリターンタクシーの運転手さんたち。
今回は上の青い車で、右端の運転手さんでスバまで行きました。
朝、6時15分から7時頃まで待っても、3名しか集まらなかったので私が2名分負担の条件で出発しました。


まだ朝早くて人影もまばらな、ナンディ・タウンのバス乗り場付近


約3時間かけて、10時少し前にスバの中心街に到着しました。
写真のビルは、免税店タプーのデパート(Tappoo City)です。1~3Fはタプーの売り場で、4Fにフードコートがあります。



手前の2階建てのビルは、ハーバーセンター(2Fはフードコート)で、後ろの緑色の高いビルは、ドミニオン・ハウスで階上に日本大使館が入っています。


フィジーの老舗のスーパーマーケットのMHのアメリカ式ショッピングセンター「MHCC」です。
年中無休で朝9時から夜9時まで営業してます。


1Fのスーパーのレジの列。


スーパーの反対側の専門店と中央のミルク・バー。


3Fのフードコートの各店舗。中華料理、インド料理、ヨーロッパ料理と色々そろっています。


このMHCCは、約10年前に開店しましたが、それまでは、スバの街は日曜日と祭日は、すべての店が閉店してさびしい感じでした。
今はタプーシティーも年中無休で開店し,MHCCと合わせて日曜祭日も賑わってます。



フィジーはまだまだ発展途上国ですが、スバの街を見る限りかなり発展してきているように感じられる今日この頃です。


私は現役の頃は何度もスバに足を運んでいましたが、退職後、特に再婚後、ナンディに落ち着いた後はめったにスバに来ません。


次に続く・・・



フィジーの離島の楽園「ヤサワ諸島」(4)


この船は、「ブルーラグーン・クルーズ」(Blue Lagoon Cruises)の小型客船(キャビン数34室)です。ヤサワ諸島を4~5日かけて、のんびりと周航するクルーズ船です。
現在、ナヌヤ・ライライ島(Nanuya Lailai)の西海岸の砂浜に投錨して、乗客は島に上陸してそれぞれ楽しまれています。


ヤサワ・フライヤー号は、タベワ島(Tavewa)とナヌヤ・ライライ島の中間地点で停船しています。この二つの島には5か所ほどリゾートがあり、それぞれ送迎の小舟が集まって来ています。


タベワ島の南東すぐ目の前の、ナズラ島(Nacula)の南の海岸近くが、ヤサワ・フライヤー号の最終停泊地です。
クルーがアンカーを打っています。この島にも4か所ほどリゾートがあります。


ここまで、デナラウ港から約5時間の船旅でした。




この小型ボートは、フィジーで作られた木造の船です。



ヤサワ・フライヤー号のクルーたち、右端が船長さんです。

船はここで少し休憩だそうです。


私もここで下船しました。


実は、ヤサワ諸島はナズラ島のさらに北に一番有名な、ヤサワ島(Yasawa)を始め、幾つもの小島(無人島)が続いています。


ヤサワ諸島のほぼ北端にあるヤサワ島は、1980年のブルック・シールズ主演のハリウッド映画「青い珊瑚礁」(原題 Blue Lagoon) の主なロケ地となった島です。
船が遭難して、主人公たちが流れ着いた無人島にふさわしい、南海の秘境としての風景が存在していたからだと思いますが、それから30数年過ぎた現在でも南海の楽園にふさわしい環境が残っています。



そしてヤサワ島に1つだけ存在するリゾートが、世界でも有名な「ヤサワ・アイランド・リゾート」(5スター)です。
このリゾートは専用の空港を持ち、お客様はナンディ国際空港からリゾートのチャーター機(小型のプロペラ機)に乗り換え、約35分のフライトでリゾートに到着です。



もちろん、船で回って来た島々のリゾートにも、お客さんの希望でヘリコプターや小型水上機を選ぶことも出来ます。


ヤサワ・フライヤー号は休憩ののち、同じ経路で今度は本島に戻るお客さんを乗船させながら、約5時間かけてデナラウ港に戻ります。



写真での、フィジーのヤサワ諸島の旅を楽しんでいただけましたか?








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村