南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの人々(5)インド系フィジー人

フィジーに初めて来られた日本人の観光客が、フィジーにインド人が多いと聞いていても、フィジーの街やホテルで実際にインド人たちに出会って、こんなにも多いのかと驚かれるそうです。
現在、フィジーの人口、88万1千人の約38%がインド系フィジー人で、約33万5千人です。
フィジーの独立前からフィジーに移住し、主に砂糖キビ農場の労働者として働き、契約が終了してもフィジーで滞在する人が増えて今日に至ると言う事です。
1970年のフィジーの独立にインド人の経済力が大きく貢献したそうです。



だから、フィジーでは、インド系フィジー人と呼ばれています。彼らは公用語は英語ですが、家族ではフィジー・ヒンディー語(本国のヒンディー語とは少し違うそうです。)で会話し、約80%弱がヒンドゥー教、約20%弱がイスラム教徒で他にジャイナ教、シク教、キリスト教の教徒がおられるそうです。


上の二枚は、ヒンドゥー教徒の新郎新婦の結婚装束です。
昔はヒンドゥー教式の結婚式は1週間以上かかったが、今は3日間位で終わるそうです。
以前、ヒンドゥー結婚式の前日の花嫁側のセレモニーに招待された事がありますが、花嫁さんのサリーのお色直しが何回も続くので、何時まで続くか尋ねたら花嫁さんが持っているサリーを全部披露するとのことで結局、お色直しだけで2時間以上かかりました。




フィジーでは珍しいインド系フィジー人のキリスト教式の結婚披露宴です。
キリスト教徒は新郎新婦だけで、両家に家族はヒンディー教徒だそうです。






新婦の友人の歌の披露風景、後ろで生バンドが演奏しています。



子供たちの食事の席で料理が配られるのを待っているところです。



披露宴の食事は、インド系インド人の約70%がベジタリアンなので、普通の料理と、ベジタリアン料理が用意されています。もちろん、インド・カリーがメインです。
インド系の方々は料理は右手で上手に食べます。私はスプーンをお願いしますが・・・


のんびりとしたフィジー人と違い、インド系フィジー人は、技術系の仕事やIT関係、各種商売にたけて良く働き、フィジーの経済界をほぼ牛耳っています。
でも一時は人口の半分以上を占めたインド系フィジー人は政情不安の矢面に立たされ、海外への移住が進み、今では全人口の約38%までに減ってきています。
こういう場合、他の国でも働ける優秀な人材から出ていくので、フィジーの将来を心配する人もいます。








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーのインターネット環境

フィジーの通信会社は、テレコム・フィジー(TFL)、主に固定電話と離島向けの無線回線事業、
携帯電話事業は、先行のボーダフォン(Vodafone、イギリス本社)とディジセル(Digicel、ジャマイカ本社ですが、南太平洋各国に進出中です。)
TFLは日本のNTTみたいな組織です。


フィジーのインターネット環境は、まだまだ整ってはいません。でも、年々発展している事は事実です。

インターネット接続のプロバイダーは、主に「TFL」の子会社のコネクト(Connect)、Wi-Fi接続事業は、
ボーダフォン(フラッシュ・ネット、ポケットWi-Fiなど)、ディジセル(フラッシュ・ネット、ルータータイプなど)。
インターネット・カフェは結構どこでもお店があります。特に街中には日本語対応のPCも何台か置いてある店もあります。使用料は、1時間、1F$(約65円)位、YouTubeなど動画を見る時は別料金。
観光客相手のレストランなどは無料WI-FI完備が増えてきました。最初、飲み物や食事をすると無制限だったお店が、日本人留学生などが集まり、コーヒー1杯で長時間利用しだしたため、現在では時間制限(1時間か30分)に変わりました。
ナンディ国際空港も、前は無料接続だったのですが、今は30分、5F$です。



一般的に外国人は、コネクトとの契約は難しいです。
外国人補償金を請求されるし、貸家の大家さんからの配線承諾書も必要で、基本的にコード接続です。



我が家の、ネット接続状況


すべてボーダフォンの、右から4Gフラッシュ・ネット、(USB型のWi-Fi)、3GポケットWi-Fi、

一番左が現在使用中の4GポケットWi-Fiで、5台まで利用できます。


我が家は、私のPCと嫁のアップルの iPadを主に使用して、月に合計、16GB、50F$(約3,250円)です。YouTubeなどはめったに利用しません。コネクト接続もディジセル・ルーター利用もほぼ同額料金だと聞いてますが。
携帯電話とWi-Fi の利用は今はすべてプリペイド方式でチャージ料金が無くなれば「リチャージカード」を最寄りのお店で買って自分でリチャージして使用します。
その昔、携帯電話の月払い契約の会社が営業を始めましたが契約者が携帯電話を使うだけ使って請求書がきても踏み倒す人が続出で、すぐに店じまい(多分倒産)しました。



今現在、4Gの最新式のポケットWi-Fiを使用していますが、日本のネット環境に比べると非常に遅く、毎日夕方には接続困難やさらに遅くなったりします。
フィジーのネットの本流の容量が不足しているのでしょうね。



でも数年前まではローカルの友達は家庭にネット環境のある人やPCを持っている人が少なく、ネットカフェでしかfacebookやメールのチェックが出来ませんでしたが、今は安いスマートフォンが普及しだしてネット接続も出来反応も早くなりました。
さらに、Viber、Line、Skype なども使いこなしてます。


ちなみに、安いスマートフォンで、250F$位です。iPone6は、2700F$です。どちらも、ボーダフォンの正規店で。
中国人経営のコピー商品はこの限りではありません。












にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの人々(4)フィジーの教育事情

フィジーの人々(3)で、フィジーの教育制度の事に触れましたので、その続きで・・・

ナンディ・タウンのセカンドリーを無事卒業した女の子たちが卒業祝いの後、ナイトクラブ・デビューのため「ドレスアップ」して記念撮影です。この中で1名だけが、スバの南太平洋大学(USP)に合格しています。セカンドリーからは2名だけの合格者です。後の子は就職半分と高等専門学校進学です。
私もこの後ナイトクラブに付き合ってと言うより、保護者の代理で引率して、朝まで付き合わされました。



フィジーの教育制度は、前回セカンドリーまで触れましたが、プライマリー(Class1~8) 6歳~13歳、セカンドリー(Form3~7)14歳~18歳の内、Form6で修了する学生も多くいます、それは地元の有力会社が採用条件を,Form6以上としているためです。日本式に言えば、Form6で高校卒業と同等です。
セカンドリーの上が、サーティアリー(Tertiary) Level 1~3 で、高等専門学校、大学となります。
セカンドリーから進学するのは60%位と言われています。



フィジーの最高学府は、首都スバにある、南太平洋大学(University of South Pacific) です。
南太平洋大学は、南太平洋唯一の総合大学としてオセアニアの小規模島嶼国家(フィジー、クック諸島、キリバス、ナウル,ニウエ、サモア、ソロモン諸島、トケラウ諸島、トンガ、ツバル、バヌアツ、マーシャル諸島)12カ国で設立されています。本部、メインキャンパスはフィジーの首都スバで78ヘクタールの面積があります。各加盟国に分校とサテライト・キャンパスもあり衛星中継で講義が受けられます。法学部はバヌアツの首都ポートビラ、農学部はサモアの首都アピアにあります。



フィジー国立大学(Fiji National University)は、この数年で徐々に拡充されて大きくなって来た新設の大学です。
近年人気を呼びつつあるのが、フィジーの航空学校でナンディ国際空港の滑走路に隣接して校舎があり地元の学生や海外からの留学生もパイロットを目指しています。
フィジーには、各地にオイルマッサージを主体とした、スパがあるので、マッサージ師養成学校も女性に人気です。
海外からの奨学金制度で海外の大学に進学するチャンスもあります。



現実は厳しく、大学を卒業しても職に就けず、故郷の島に戻る学生も多く見られます。









にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村