南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの生活 一番の娯楽「映画鑑賞」

フィジーには、「動物園」も「水族館」も「テーマパーク」(遊園地なども含め)なども、もちろん、「ディズニーランド」もまだありません。


よって、フィジーの人々の一番の娯楽は、映画鑑賞です。


でも数年前までは、スバ市に「ビレッジ・6」(6スクリーン)、ラウトカ市に「ビレッジ・4」(4スクリーン)の2館しか映画館がありませんでした。
2年くらい前に、スバ市に2館、昨年の暮れに、ナンディ町に1館オープンしました。


ナンディ町のマーチンタールと言う地区の大型スーパーマーケットの奥に、オープンした映画館は「ライフ・シネマ」(4スクリーン)と言います。嬉しい事に、我が家から歩いて、5~6分で行けます。


「ライフ・シネマ」のエントランス。


チケット売り場。


映画館入り口横に併設された、「チキン・エクスプレス」(鶏の唐揚げや)。



現在、お勧めのメニュー、平均的な価格は、10F$前後です。




ポップコーン売り場、手前の黄色のバケツ状の容器で、7F$です。



飲み物類は自分で、カップを選び氷と飲み物を入れてレジで支払い。


ロビー奥のバーコーナー、ここではアルコール系が注文できます。






ところが、映画のチケットが、ビレッジ・6、4などは、大人で、5.5F$ だったのですが、新しくオープンした映画館は、通常映画で、大人8F$、D-MAXと言う部屋は、大人10F$と大幅に値上がりしました。
設備が最新のためこの値段だそうです。
ただし、月曜と火曜日は、通常映画が、大人6F$の料金です。
ルーム4の、VIPシートは最初は、大人20F$(ポップコーン・飲み物付き)だったのですが、今は大人15F$(何も付かない)です。


フィジーでは、インド系の方が多いので、「ハリウッド映画」とインド映画の特に「ボリウッド映画」が半々に上映されています。
私は、ハリウッドのアクション系とボリウッドの煌びやかなダンスシーンのある映画が好みです。



ラマダーン明けに合わせて封切られた、ボリウッド映画が連日満席でインド系に評判を呼んでいるとのことで、今日、私も鑑賞しました。

大型スーパーマーケットの前に作られた映画の看板。


インドで有名な映画俳優「サルマン・カーン」(Salman Khan) 主演の、「BAJRANGI BHAIJAAN」です。




サルマン・カーンが最初に登場した、男性陣だけのダンスシーン。
映画の中の会話は、ヒンディー語ですが、英語のサブタイトルがあります。


あらすじは、パキスタンの親子が乗った国境を越えて走る列車が停車中に、6歳の娘が子羊を救うために降りた後、列車が急に動き出したのでインド国内に取り残され、途方に暮れる中、偶然にお祭りの最中に出会った彼に従って巻き起こす問題の末、彼と二人で、違法に国境を超え長い旅の苦労の末に故郷の村にたどり着き、両親と再会すると言うお話です。


何時も仲が悪く小競り合いの続く、インドとパキスタンの協力と両国のロケで作られた映画でした。
特にパキスタンのカシミール地方の自然が美しかったです。









にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 ラマダーン(断食月)明けの祝宴

ラマダーン(Ramadan)とは、イスラーム暦9月の断食月の事を言います。
毎年約一ヵ月間、ムスリムは日の出前から日没まで断食を行います。


今年、西暦2015年、イスラム暦1436年は、6月18日~7月16日の約一ヵ月間が、断食月でした。
フィジーの場合、7月17日~18日がラマダーン明けのお祝いの期間です。
フィジーのインド系の人々は総人口の約38%で、内ムスリムは約20%と言われています。
よって、フィジーの総人口、約87万人とした時は、約6万6千人がムスリムの方々です。


毎年、我が家の大家さんからお昼の祝宴に招待されています。

右端の年配の女性が、大家さんです。



インド系の女性は皆さんはサリーでお洒落しています。



インドのお菓子をいただきながら、しばし歓談・・・


ベランダでは主に男性陣が食事中でした。


メインのインドカリーの食卓。


豆とポテトの野菜カリー。


チキン(鶏肉のぶつ切り)のスパイシー・カリー。
このカレーは、本当に辛い味でした、でも美味しい。


インド風野菜サラダ。


ゴート(山羊肉)のスパイシー・カリー。
肉は柔らかく、臭みもなく大変美味しいカリーです。


カボチャの野菜カリー。


カリーと一緒に食べる、プーリーと呼ばれる食べ物。他にご飯も一緒に食べます。


台所の手伝いの方々。


食後のデザートのアイスクリーム。


実は我が家の大家さんは、ナンディ地域に5軒位の貸家と幾つかの会社を経営する、いわゆる「ミリオネア」です。貸家も位と言うのは、現在も1軒アパートを建設中でこれが完成すれば、また新たに建てる予定だそうです。
デザートに供された、NZのアイスクリームも輸入販売されていて、各スタークラスのホテルにアイスクリームの店舗を出店しています。


今日の招待客には親族の他に、会社の従業員の方たちも含まれていて昼前から入れ替わりで食事を楽しまれています。


インドのお菓子とメインのカリーはプロのインド人のシェフを雇って調理して貰ったとの事です。

















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの生活 ホームメイド・トマトソース

フィジー産のトマトが旬を迎え、とても安くなりました。


ナンディ・タウンの公設市場で、完熟トマトが一山、2F$(約130円)で売られてたので、6F$分購入して早速トマトソースに調理しました。


フィジー産完熟トマト、これで今は、2F$で売られてます、12~13個。今回は、6F$分購入しました。


一山分のトマトの皮を、湯むきして種を除いて、実をカットした状態。


最初の2本分は、今年日本から送ってもらった、高圧力鍋で調理しました。


最後の1本は、普通に鍋で調理、オリーブオイルでニンニクと、みじん切りした玉ねぎをよく炒めて、トマトを加えて煮込んでいるところです。
この分は、クックパッドのレシピを参考にして、マギーブイヨンを入れてみました。


トマトソースの出来上がり、もともと市販されているトマトソースの空瓶に密封。
右の2本が、高圧力鍋で2本分一緒に調理した分。1本、正味500gです。


結果、トマトソースは、普通の鍋で調理しても時間もそれほどかからず出来上がりは同じでした。


フィジーの野菜の栽培は、中国系移民が中心で、ハウス栽培は無く、露地栽培のみです。
それで、旬の時は安く大量に提供されますが、シーズンが過ぎると高くなり量も減ってきます。
季節に応じた旬の物を購入するように心がけていますが・・・








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村