南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの歴史 「黎明期」

Wikipedia のフィジーの項の、歴史によると、
約8000年前、この地にメラネシア系パプア人が住み着いた・・・
と記述がありますが、その考古学的な根拠を探しましたが今のところ見つかりません。


国立民俗博物館によれば、人類は大きく2回にわたって東南アジアからオセアニアへ移動した。
その最初の移動が、6万年前~3万5千年前で、東南アジア方面(東南アジアの島々や東アジア大陸)から、現在のオーストラリアやニューギニアの内陸部や沿岸部で住み始めたのは、オーストラロイド・メラネシア系(オーストラロイド)の人々であったといわれている。
さらにこの人々が、海を渡り各島へ移住して行ったのは、約3万5千年前のことといわれ、それを示す証拠として、同時代の有袋類のクスクスや黒曜石がソロモン諸島までの島々で多数出土していると解説しています。
多分、その後数千年を経て、一部の人々が、フィジーに到達していたとは考えられますが・・・


次に、紀元前1300年以前と推定される土器類がビチレブ(Viti Levu)島から発掘されていると記述されています。
「地球の歩き方」’13~’14のフィジーの、歴史の説明(P300)でも、フィジーに最初に人が住み始めたのは、紀元前1300年頃とされている。と記述されてます。


この説については、フィジーのビチレブ島(本島)のナタンドラ(Natadora)海岸、ツヴァ(Tuva)川の河口、ボウレワ(Bourewa)で発見された貝塚遺跡の考古学調査(南太平洋大学とスバ博物館により、2005年6~7月に実施)において、16体の人骨と大量の土器、石器、貝製品の破片などが発掘されました。


年代等の詳細な測定の結果、本遺跡は、ラピタ人と命名されている人々の居住遺跡(貝塚遺跡)であり、発掘された土器の一部はラピタ式土器であり、周辺地域(Qoqo遺跡、Rove遺跡、Waikereiro遺跡など)でも最古(約3000年前以上)の遺跡である事が判明しました。


これが、フィジー、ボウレワ遺跡で発掘されたラピタ式土器の破片。
現在、鹿児島国際大学の考古学ミュージアムで保管、研究がなされています。


ナタンドラ・ビーチの現在の風景。


”世界の美しい海岸10選”にも選ばれた事がある、ビチレブ島で一番美しい海岸「ナタンドラ・ビーチ」の南の端にある、ツヴァ川河口に、約3000年前以上昔に人々が暮らしていたとは、はるか太古のロマンを感じますね・・・


このラピタ人と呼ばれる人々は、人類史上初めて遠洋航海(その航海技術は、「ウエイファインディング」と呼ばれています。)を実施し、太平洋の島々に住みついたと思われる民族で、そのルーツは不明ですが、5000~6000年前の台湾、中国南部のオーストロネシア人かもしれないと言われています。
この人々の移動が、国立民俗博物館の言う、オセアニアにおける2回目の大きな人類の移動で、最初に南に移動しビスマルク諸島に住みつき、さらに東に海を渡り、島伝いに移動を始め、フィジー、トンガ、サモアを経て、イースター島まで、さらに東に進み南アメリカに達したのではないかと推測されています。
南アメリカ原産の、サツマイモが南太平洋にかなり古くから栽培されているのは当時の交流の産物と考えられるそうです。


ラピタ人は、現在ポリネシア人と呼ばれている人々の遠い祖先だと考えられています。


日本の縄文人、縄文土器との関係も推測されています。


ただし、この当時のフィジーに住んでいた人々は、現在ニューカレドニアに住んでいるメラネシア人と同じとされ、メラネシア、ポリネシアの混血とされる現在のフィジー民族は、その後に形成されたものと推測されているそうです。


















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの伝統行事 「カバの儀式」

カバの儀式は、基本的には、フィジー人のビレッジ(フィジー人の村)に大事なお客様が訪れた時に、カバという飲み物を伝統的な作法により振る舞うことで歓迎の意を表すという儀式です。


他国の元首など国賓のお客様がフィジーを訪問された時などは、大々的な儀式が催されます。
地域的には、フィジーの地方の村にフィジー政府のお偉方や他の村の大酋長たちが訪問された時などもその村に応じた規模の儀式が催されます。


今では、外国からの観光客へのアトラクションの一つとしてホテルなどや観光コースに入っている郊外の村などでも、「カバの儀式」が催されます。


本来は、お客様が初めてビレッジを訪問される場合は、まず「セブセブの儀式」の洗礼でビレッジに入る事が許されますので、観光客対象のアトラクションでは、この二つの儀式が同時に行われる形になっていると思います。


「カバ」(Kava)というのは、南太平洋一帯に生える、ヤンゴーナ(Yaqona)という胡椒科の木の根っこを乾燥させた物を、突き砕いて粉状にしたものをタノア(Tanoa)という大きな木の器の中で、水に濡らして揉み絞った汁です。


大きな儀式では、乾燥した根を突き砕くところから始めますが、簡単な儀式では前もって粉にしたものを用います。


では、実際に行われた儀式を写真で簡単に説明します。


タノア(Tanoa)という木製の大きな器で、カバを絞りだしているところです。


出来上がったカバを、ココナッツの殻で作った杯で汲み取っているところです。


カバを入れた杯を高く掲げ、客人のところへ運ぶところです。


受け取った客人がカバを一口で飲み干すところです。
同じ上座に、酋長や長老たちが並んで座っています。全員に行きわたるまで杯が運ばれます。
すぐ横では、ビレッジのご婦人がたや子供たちが沢山ギャラリーで儀式を見守っていました。


この写真は、フィジーの、ある離島のフィジアン・ビレッジで執り行われた「カバの儀式」です。
フィジー人の衣装などは簡略されていますが、儀式の流れは伝統に則った作法で厳粛に執り行われました。


カバには、メチスチシンという麻酔成分が含まれているため飲むと舌がしびれるような感じがします。


現在では、フィジーではカバは堅苦しい儀式から誰かがやって来た時のもてなしの儀式などと普通に飲まれています。
特に冠婚葬祭などの習慣的な行事には欠かせない飲み物となっています。


ナンディ・タウンの公設市場で売られている乾燥したヤンゴーナの根、「ワカ」(Waka) と呼ばれています。粉にすれば「カバ」(Kava) と呼ばれます。


贈答用にまとめられて新聞紙にくるまれた「ワカ」、これで、20F$ です。
手前のテーブルの上の物が、30F$ です。



カバは、日本人にとっては、決して美味しい飲み物ではないと思いますが、もしフィジーに観光で来られた時に機会があれば試してみて下さい。


カバには鎮静効果があると言われてますので、飲むほどに落ち着いて最後には眠くなってきます。


フィジー人たちは、一度飲み始めると早朝(1時か2時頃)まで延々と会話しながら飲み続けます。

















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの国内線(Fiji Link)

今朝、スバから国内線でナンディに来て、大韓航空に乗り継ぎ、日本に一時帰国する友人に会うために、ナンディ国際空港に行きました。




フィジーの国内線のための発着所、空港改装工事のための仮の建物だそうです。



到着ロビーとカフェ。左奥のドアから乗客が出てきます。




2014年に「パシフィック・サン」から「フィジー・リンク」(Fiji Link) と名称変更しました。
スバから到着した、ATR-72-600 「DQ-FJX」(68席)です。
この機種は、2014年6月、12月に一機ずつ、計2機、シンガポールを拠点とする航空機リース会社の「アバシオン」から導入された最新鋭の機種で、スバ~ナンディ間(現在、大人1名、120F$)を主に飛んでいます。


こちらは、De Havilland Canada DHC-6 Twin Otter 「DQ-PSE」(21席)です。
主にフィジー国内の離島間を飛んでいます。


この写真は、「パシフィック・サン」の時代の同型機。


これは、たまたま見かけた、どなたかの自家用ジェット機です。


到着ロビーの前に掲示されている、フィジーの観光用大型ポスター。


私は、フィジーに来る前までは、空港の滑走路は平面でなければならないと思っていましたが、フィジーの離島の国営空港の中には、「斜面」の空港が存在し、飛行機が着地して斜面を駆け上がり、上部の平坦地で停まり、乗客を降ろします。
新しい乗客を乗せて、離陸する時は反転して、海を目がけて斜面を走り降りて加速をつけ一気に空中に飛び上がるのを体験して驚いた事がありました。


まるで、ジェットコースターのようでした。


日本のスキー場の初心者用の緩斜面のような感じと思って下さい。





















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村