南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの歴史 「時代の考察」

現在のフィジーは、世界的に有名なビーチリゾートの国として知られていますが、国として見れば、未だに世界の先進各国から色々な援助を受けながら国家を運営している、典型的な発展途上国です。


多くのの観光客が目にする観光ガイド本の解説は、ほとんどの場合、リゾートとしての魅力、神秘的に魅惑される自然の残る美しい島々、サンゴ礁などの紹介、料理の美味しいお店、お土産の紹介に多くを割いています。


この写真は、私のブログのプロフィールに使っている、ラウ諸島のコバルトブルーの海に浮かぶ、サンゴ礁の小島です。ゆっくり歩いても一周、約10分でしょうね。
揺れるボートの上から撮影したので、ちょっと斜めですね。


この写真は、昔、私が管理していた、同じくラウ諸島の無人島です。ひとの手が入ってないのでヤシの木と雑木が海岸線ぎりぎりまで迫っています。
僅かな空き地にテントを張って寝泊りします。(テントは、日本製の「小川テント」です。)



フィジーの歴史については、略歴が簡単に紹介されていて、今まで私もそれを単に読み過ごしていました。


今回、自分のブログを始めて、フィジーの歴史を書き始めましたが、近代史に登場して日も浅く、もともと文字を持たない海洋狩猟民族がそもそもの祖先だったとは思いますが、資源的にも世界から注目されることもなく考古学的な学術調査もまだ十分には進んでいない状態で、色々ネットなどを検索して調査しましたが、資料は本当に少ないです。


そんな状態の中で、表に出ている歴史の事実と多少異なる事柄や埋もれていた歴史も出てきましたので、なるべく取り上げてきました。


私が、フィジーに来た頃、スバで知り合った地元の友人に「フィジーは、19世紀の初めまで、6部族に分かれて何時も戦いが繰り返されていたらしいね」と聞くと、「え!違うよ多分、13部族位分かれていたと聞いたけど」と言われた事がありました。
その時は、「では、何時か誰かに聞いてみよう」と思っただけでした。


それで、バウ島のザコンバウが、フィジー王となった頃の時代解説の6部族説を採用し、私もそのように記述してきました。


今回、フィジーの歴史をブログに書いていく過程で、この事を思い出し、フィジー人の学識経験者に聞いてみると、USP(南太平洋大学)のサイトに公開している、「英国へフィジーの譲渡証書」( The Deed of Cession of Fiji to Great Britain ) の原文のコピーを教えて頂きました。


原文の書類が摩耗して消滅する前に、完全なコピーを保存しますと記されて、
1874年10月10日、オバラウ島のレブカで調印された原文のコピーが公開されていました。


譲渡証書の最後に、英国のエリザベス女王の代理、ヘラクレス・ロビンソン卿( Sir Hercules Robinson ) と、フィジー側の証人として、ビチ王(ザコンバウ)と他のハイ・チーフ(大酋長)計13名の名前と署名があります。


つまり、この13名が、当時、互いに戦っていた13部族の部族長(大酋長)たちですね。


フィジー側証人      
1. Cakobau R. Tui Viti and Vunivalu
2. Ma'afu
3. Tui Cakau
4. Ratu Epeli
5. Vakawalitabua Tui Bua
6. Savenaca
7. Esekele
8. B.V. Tui Dreketi
9. Ritova
10. Kato-nivere
11. Ratu Kini
12. Matanitobua
13. Nacagileve



トンガのラウ諸島征服将軍のマアフの名前が、2番目に記されているのが、当時のフィジーの状況を良く表わしていると思われます。
ちなみに私の嫁の一族は、3番目の「Tui Cakau」(タベウニ島と北部ラウ諸島、バヌアレブ島の一部が勢力圏で何度も、マアフの征服軍との攻防戦を経験して、なんとか守り切ったそうです。)の直系の一族です。
「Tui Cakau」 の意味は、「海洋王」と言うそうです。


ところで、フィジー王ザコンバウを最後まで悩ませ、英国に保護を申し入れる原因の一つであった、トンガのラウ諸島征服将軍、ラウ王のマアフは、フィジーが英国領となった後も、ラウ諸島に駐留し続け1881年2月、バヌアンバラブ島( Vanua Balavu ) のロマロマ村( Lomaloma )で死亡、トンガ駐留軍の本拠地、ラケンバ島( Lakeba )の、ツボウ村( Tubou ) に埋葬されました。


彼の死亡後、ラウ諸島のトンガ勢力は一気に力を失いましたが、今でもラウ諸島の幾つかの村に子孫が暮らしているそうです。
フィジーのラウ諸島は、トンガの戦略で、1830年代に最初にキリスト教の宣教師たちが、トンガ経由で上陸し、彼らの持ちこんだ西洋の文化で発展していたそうです。


私も仕事の関係で、何度もロマロマ村を訪ねましたが、最初に訪問した時には、以外に発展していて驚かされました。


私は、ボートで、ラケンバ島など、ラウ諸島の島々を訪問した事がありますが、初めて訪ねる島なのに島民が、私の名前を知っているのには驚かされました・・・


写真の右上の、タツノオトシゴみたいな形の島が、バヌアンバラブ島です、ロモロモ村は島の東海岸に位置している、かなり大きな村です。
右下に比較的大きな島が、ラケンバ島です。この島が、ラウ諸島の中心です。
ツボウ村は、西海岸に位置してます。


フィジー全図です。地図の右(東部分)のラウ諸島を、トンガに占領されていました。
ビチレブ島(本島)のフィジー人勢力は、かなりの危機感を感じて日々暮らしていた事でしょうね。
タベウニ島を占領されていれば、次は、バヌアンバラブ島が狙われていたでしょうね。


中央の、コロ海は何時も波が高く、荒れていました。私たちのエンジン付きのボートでも天候のチェックや波の状況では、結構大変な航海を経験しましたが・・・


当時の戦闘カヌーで海を渡り、攻めてくるとは途方もなく大きな勇気が必要だったと思います。



島国の場合、海の守りがいかに大切か本当に切実に感じますね。












にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの歴史 「ビセイセイ村(Viseisei)」3

引き続き、村内の見学・・・


近代的な作りの、ちょっと豪華な住宅。


村内の、ミニマート。



酋長の一人だった方の住宅で、中を見学できるように開けてありました。上には上がれませんが・・・



上の2枚の写真の家は、前フィジー大統領イロイロ氏の自宅です。
建坪は大きいようですが、建物そのものは結構質素な材料で造られていました。


貫禄充分なフィジ人のご婦人、途中で呼びとめられて、どこから来たかとか色々質問されました。


ご夫人の、フィジー伝統的な作りの自宅。


隅の方に見えた、多分、一般のフィジー人の住宅。


最初に入場料の払い方などを説明してくれたご婦人、元マナ・アイランド・リゾートで働いている時に、2回も日本に旅行したそうです。典型的な陽気なフィジー人のご婦人です。
そして、私がナンディに戻るための、ローカルバスを止めてくれました。





フィジーを紹介するガイド本などは、ここ「ビセイセイ村」が、最初にフィジー人の祖先が上陸した場所と解説していますが、考古学的な根拠は未だ発表されていませんし、では何年前ぐらいかとなると、およそ8000年前、3000年前などと色々勝手に言ってるだけです。


西暦1500年頃の上陸ではとの説が、一番正しいと私は思います。
それで、ビチレブ島では、ここが最初のフィジー人の村の始まりとは思いますが・・・


実は、はるかそれ以上の昔、ラウ諸島には人々が住んでいたとの学説もあります。


現在、フィジー人と言われている人々は、DNAの調査研究で、ミクロネシア人、メラネシア人、ポリネシア人の血が複雑に混じり合ってきている事が分かっています。


ナタンドラ海岸で発見された、いわゆるラピタ人とは違う人々らしいです。


でも、はるか太古の昔、広大な太平洋の島々に居住していた人々が、遠く海を渡り交易し、交配してきた事を考えると、農耕民族にはない雄大なロマンを感じてきます・・・








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの歴史 「ビセイセイ村(Viseisei)」2

フィジーは、1874年10月に正式に、英国の植民地、いわゆる英国領になりましたが、英国はフィジーに「間接統治」と呼ばれるルールを適用し、フィジー人の伝統的社会組織と権力構造を基盤にして植民地経営を行いました。


つまり、大酋長(Hight Chief)を頂点に、酋長(Chief)たちと一般の人々という古来からの伝統習慣でフィジーを統治して行ったという事です。


21世紀の現在でも、この権力構造は、隠然として継続されています。フィジー人の村では、今でも酋長さんたちが治めています。


フィジーでは部族長クラスは、名前の前に「ラツ」(Ratu) という称号がつきます。
ラツの息子もラツの称号が付くので、日本の「殿様」「若様」という感じだと思います。
ちなみに、ラツの娘の称号はアンディ(Adi)です、日本の「姫様」という意味でしょう。


私の嫁も、一応、アンディですが・・・


村の海岸から、ブンダ・ポイント方向です、丁度満潮時で砂浜は波の下です。


こちら側が、ナンディ方向です。


さらに村の奥に進むと、広場にでました。


広場の奥にある多くのお墓。


この方は、ラツが名前に付いているので酋長の一人だったのでしょうね。


ひときわ目立つ大きな門構えの、歴代大酋長たちの墓地、一段と高く作られています。
門の右奥に、真新しい箱形のお墓が見えます。


これです。


実は、これが、フィジーの前大統領の、ラツ、ジョセファ・イロイロ(Ratu Josefa Iloilo) 氏のお墓です。
もちろん当時のビセイセイ村の最高位の大酋長さんでした。
2000年から、2009年まで、2期、第3代、第4代の大統領を務められました。
病気を理由に、2009年引退後、病気治療中の、2011年に死去されました。


裏に回ると、3年前亡くなった奥さんの墓地を、コンクリートで建設中の方々と出会いました。
フィジー人の一般人の場合、お葬式したその日に土葬して石などで囲っておいて、2~3年後に地上部にコンクリートで石棺を建設します。


墓地の奥にあるバナナの樹林、この広場の奥に幾つもの貧相な感じのバラック住宅が見えましたが多分この村以外の人々の住居と思われました。


広場から海岸側の方向の、パンの木の林。


水は見えませんが、小川みたいな所に植えられている、タロイモ。
タロイモは沢山の水を必要としますのでどこでも栽培は出来ません。



次に続きます・・・






















にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村