南国フィジーで、のんびり退職生活

南太平洋のフィジー共和国で、のんびりと退職後の生活を送っています。フィジーの現地の色々な情報を発信します。

フィジーの歴史 「トンガ王国」(Kingdom of Tonga)

トンガは、フィジーの南東、およそ1000km離れ、日付変更線のすぐ西に位置する4諸島大小170余りの島々からなり、人口は約10万5千人の国です。


トンガは、13世紀頃から14世紀にかけて、南太平洋で最も隆盛を誇っていました。
しかし、文字での記録を持たず、今では伝説としてのみ伝えられています。


そして、現在に至るまで、南太平洋で唯一、一度も欧米の植民地にならず、独立を果たし、王国を維持している国でもあります。


南太平洋の地図を開いて頂ければ理解出来ると思いますが、島々が数10キロあるいは数100キロ離れて散らばる広大な海洋大国だったと推測されます。


当時の技術で造られた、木造の双胴カヌーでこの海原を行き来して支配していたとは、今考えても想像を絶するような冒険だったのではと思います。


そして、19世紀にはフィジー征服の野望を持って、1千キロ以上を航海して戦いを挑み続けるとは・・・


私は、以前北ラウ諸島の小さな島のリゾートのGMとして滞在し、他に3島を管理していました。


その頃から、昔トンガの戦闘カヌーがしばしばラウ諸島に出没し、各島が襲われていたと聞かされていましたが、今回自分のブログでフィジーの歴史を書き始めた時、あまり知られていないフィジーとトンガの関係が分かって来ました。


私のフィジー人の嫁の故郷のタベウニ島も、当時ラウ諸島を征服し支配していた、トンガのプリンスで将軍だった「マアフ」(Ma'afu) の軍団にたびたび攻められていたと聞いていました。


トンガの深謀な戦略は、フィジーのラウ諸島に少しずつトンガから移民を送り込み、ある程度の勢力になった頃、1830年代、トンガ人宣教師を送り込み、キリスト教をも政治的に利用して占領政策を強化し、最後に1840年代、トンガ入植者の統率者として、マアフが乗り込み、軍団を組織し征服を完了させ、さらに他の島々を攻略して行きました。


これは、フィジー人の義理の兄弟が送ってくれた、マアフについて書かれた本の写真です。
この本は、手に入れてませんが、ネットで彼の事を検索して、彼はトンガでの王位継承の争いを避けるために、フィジーに送り込まれた事が分かりました。
そして自分の力で、フィジーのラウ諸島を征服し、初めてのラウ王(Tui Lau)になったと記されていました。
最終的には、フィジーの主権を脅かし、ビチレブ島で力をつけてきた後の、フィジー王ザコンバウの最大の敵になっていたそうです。


ちなみに、義理の兄弟は、トンガ軍侵攻を逃れて、北ラウの小島から部落ごと、タベウニ島に避難してきた人々の子孫です。


このトンガのフィジー征服の深謀な戦略を知るほどに、どこかの国の南の諸島で、今起きている現象が重なり、少し不安な気持ちにさせられました。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの歴史 「トンガ王・トゥポウ1世の野望」

フィジーの隣国、トンガでは19世紀に入ると、タウファア・トゥポウが統一王となり、1826年にトンガに派遣された、メソジストの宣教師の影響で、王は1831年に洗礼を受け、ジョージ・トゥポウと改名しました。そして1845年に、ジョージ・トゥポウ1世となりました。
トゥポウ1世はキリスト教(メソジスト)を広げる聖戦という形でトンガ全体を、1852年までに武力で平定しました。


当時、ポリネシア地域で活躍していた、双胴カヌーの復元図。


ヨーロッパ諸国から植民地化の手法を学んだ、トゥポウ1世はトンガによる植民地帝国の建設を開始しました。
目標は、隣国フィジーで、まず東部フィジーに進攻し、トンガの領地とし、さらにトンガの将軍エネレ・マアフは、フィジーのラウ諸島を征服し支配下に置きました。


まず、トンガは武力進攻に先立ち、1830年代にフィジーのラウ諸島にトンガ人キリスト教宣教師を宣教活動のため上陸させ、マアフはそれを政治的に利用し、宣教師保護の口実でラウ諸島を征服して行ったそうです。


この間、1844年には、イギリスのキリスト教宣教師がビチレブ島へ来島しました。


この時期のフィジーは、6つの王国が入り乱れての凄まじい抗争が、バウ族のザコンバウ王による武力制圧という形で終焉を迎えたところでした。



当時、フィジーで実際に使用されていた、双胴カヌー(上)とアウトリガーのカヌー。


1853年、トゥポウ1世が自らフィジーを訪問し、キリスト教化を進めました。これはフィジーの白人入植者と手を結び、フィジー全体をトンガが併合するためでした。
1854年、フィジー王ザコンバウが、キリスト教へ改宗しました。


その後、トゥポウ1世は、キリスト教徒保護の名目で数次にわたるフィジー介入を続けました。
しかし、フィジーに権益を持つアメリカが難色を示し、1858年には最新鋭の蒸気船の軍艦を派遣したため、一旦併合の動きを停止しました。


この時点で、フィジーにはイギリス領事が置かれており、イギリスの権益も及んでいました。
ところが、トゥポウ1世は、フィジーをあきらめておらず、1860年にイギリスがニュージランドで「マオリ戦争」を始め、1861年にアメリカが南北戦争で弱体化した機に乗じて、再びフィジーに圧力をかけ始めました。
しかし、結局はフィジー側の抵抗が強く、1867年には、フィジーに立憲王国が成立し、アメリカ、イギリス以外にもニュージランド、ドイツの干渉を受け、フィジーから完全に手を引くことになりました。

観光用に復元された、ポリネシアン双胴カヌー。


南太平洋地域に広まって来た、キリスト教の影響で、食人や一夫多妻などの習慣が無くなって来た事は良い面ですが、キリスト教の宣教師と共にやってきた当時の白人の商人たちの振る舞いや、新たな疫病、それに部族同士の戦いを根本的に変えた、銃砲類の近代兵器が及ぼした影響の方が重大な局面を南太平洋地域に与えた事は確実です。


ともあれ、トンガ王トゥポウ1世の野望は、やっと統一されたフィジーの民族の抵抗と、諸外国の干渉で潰えました。
しかし、当時トンガに占領されていた、フィジーのラウ諸島にはトンガ人(ポリネシア人)との混血の子孫が多数存在しているのも現実です。























にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

フィジーの歴史 「フィジーの食人習俗」

前回の最後に触れたように、キリスト教が広まる前、フィジーやパプアニューギニアを始め、南太平洋全域に、食人(カニバリズム)の習慣がありました。


特に当時のフィジーでは、約6部族の間で勢力争いの戦いが、日常的に繰り広げられていて、勝った方の部族が殺した相手の戦士の勇気ある魂を自分たちに取り入れる目的で食べていたそうですが・・・


キャプテン・クックの航海記にも、訪ねた島々での食人や生贄の風習を目撃した事が記録されています。
でも、「食人」で検索すると、人間の歴史が始まって以来から近代に至るまで、世界中で行われていたことが分かります。


でも何故か、フィジーの食人習俗が有名ですが、これについては膨大な記録が残されているからです。


フィジー人にとってカニバリズムという行為そのものが、心躍る祝宴と饗宴の機会だったのではと推測する人もいます。


フィジーにヨーロッパから派遣された、キリスト教宣教師の報告書の中にも、食人に関しての記述が沢山あるそうです。


この写真を始め、何枚ものフィジー人の食人の写真が今でも残っています。


19世紀の初めから南太平洋にヨーロッパから布教に派遣された宣教師たちが何人も殺害され食べられた事を、生き残った宣教師が、ヨーロッパの本部に報告していたそうです。


1867年には、フィジーでイギリス人宣教師トマス・ベイカーが殺害されて食べられた事がありました。
ただし、これには後日談があり、その後、村に不幸ばかりが続くと信じた村人たちが、2003年11月、137年前に殺して食した宣教師の子孫にフィジーまで出向いてもらい、謝罪する儀式を催しました。


この写真は、フィジーの博物館に展示されている、調理した人間を食べる時の特別なフォークです。


Wikipediaによると、「最も多くの人間を食べた食人種」としてギネス世界記録に、フィジーの本島の北部、ラキラキの大酋長、Ratu Udre Udre の記録で、一生の間に872人食したと記されているそうです。
本人は、1000人食べると不死の体になると信じていたそうで、この行為は、キリスト教が広まって来ても、彼が死ぬまで続けられたそうです。
ラキラキの、彼の村のお墓の回りには、872個の石が飾られているそうです。


現在の、フィジー人は、体を張ったキリスト教の宣教師たちの努力で、ほぼ100%キリスト教徒です。
日曜日には、多くのフィジー人が家族で教会に出かけますし、普通の日でも、夕方からバイブル・スタディという勉強会が各地で開かれています。


南太平洋地域での日常的な食人については、蛋白源となるような大型の獣がいなかったという学者の説もありますが・・・


でも、皆さん安心して下さい、今ではフィジーの人々は、世界からの観光客を「南の楽園」に来たんだと楽しませるような、いつも笑顔で、明るく親切な人々です。











にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ フィジー情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村